DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問
Earn With
過去の質問を検索

過去の質問を検索

カテゴリ毎に質問を絞り込めます。他人の質問に回答することでXPポイントを獲得でき、アカウントのレベルアップにつなげることができます

質問する

質問する

ツールの使い方から製品設計上の技術的な疑問まで、こちらのフォーラム(日本語)で助け合って解決していくことができます

質問する

最新コンテンツ

Comments
  • 1 week ago

    oheさんいつもいつもコメントありがとうございます。
    私は大着物でして基本のソリッドに寸法を入力して保存しています。
    例えば、(パーツになるボルト・ナット・ネジなど)です。
    それぞれのソリッドを組合せた後に、(パーツになるボルト・ナット・ネジなど)を
    開いて拡大もしくは縮小し寸法ごと組み合わせたソリッドに貼り付けしたいと思っています。
    ソリッドだけ拡大・縮小になり、寸法と引き出し線は以前のままです。
  • ohe

    1 week ago

    すみません。ご質問の意味がよくわからないです。「eagle4.1のデータをulp変換したい」とは具体的に何をされたいのでしょうか?EagleのファイルをDesignSparkpcbにインポートしたいということでしょうか?何のデータでしょうか?回路図データ?部品ライブラリ?DSpcb8.1フォルダの下のeagleULPはEagle上から実行するもののはずです。「DSPCB上でULP表示が出ない」とは何をされようとしているのでしょうか?
  • ohe

    1 week ago

    heliさん、こちらこそ、お返事おそくなってもうしわけないです。
    Wordファイル拝見しました。1つ目の画像は「ソリッド縮小で寸法が縮小されない」という現象ですよね? ソリッドにあわせて寸法も縮小させたいということでしょうか?
    そもそも、「寸法は縮小の後に入れる」というのではダメなのでしょうか? (^^;
  • 2 weeks ago

    oheさんコメントありがとうございます。
    ファイルを上手く添付できなくて申し訳ございません。
    立方体を縮小しても寸法は縮小されないのです。
  • 2 weeks ago

    oheさんコメントありがとうございます。
    ワードで添付します
    よろしくお願いいたします。
article

IoT(Internet Of Things)

December 15, 2018 07:31

DesignSpark IoTクラウドでDesignSpark IoTキットを試す! パート1: 何ができる?

DesignSpark IoTキットはWio Linkボードを利用して様々なセンサ情報を収集し、一酸化炭素濃度といった大気の情報の収集に役立つモジュールがセットとなっている、IoTセンサを試すには非常に便利なキットだ。また、DesignSparkが新たに提供するIoTデータプラットフォームである「DesignSpark IoT クラウド」がリリースされている。本記事はIoTキットを例にDesignSpark IoT クラウドを利用する方法について紹介するパート1だ。

0 comments
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

December 15, 2018 07:31

DesignSpark IoTクラウドでDesignSpark IoTキットを試す! パート2: キットをクラウドへつなぐ

DesignSpark IoTキットはWio Linkボードを利用して様々なセンサ情報を収集し、一酸化炭素濃度といった大気の情報の収集に役立つモジュールがセットとなっている、IoTセンサを試すには非常に便利なキットだ。また、DesignSparkが新たに提供するIoTデータプラットフォームである「DesignSpark IoT クラウド」がリリースされている。本記事はIoTキットを例にDesignSpark IoT クラウドを利用する方法について紹介するパート2だ。キットをクラウドへとつなげるた

0 comments
Related Image
project

IoT(Internet Of Things)

December 15, 2018 07:30

XinaBoxとAlexaでファンをコントロールしてみた

Amazon AlexaとXinaBoxを利用してファンのスイッチのオンオフと「声」でコントロールしてみよう。このプロジェクトはxOC03とAlexaで一体何ができるのか、のデモンストレーションをお見せしよう。私の周りにあった機材を利用して実現してみた。

0 comments
Related Image
article

インダストリー4.0

December 14, 2018 02:19

コントローラーのクラウド化にともなう産業PLCの発展

産業の進化は4世代へと移行しつつある。工場はずっと動き続ける、もしくは完全に自動化される時代へと突入し始めたのだ。まもなくインダストリー4.0がやってくる。

0 comments
Related Image
article

3Dプリント・3D設計

December 14, 2018 02:01

DSMechでローレット模様を作成

サポートページでのトピックの中から、DSMechでローレット模様をモデリングする方法について紹介する。

0 comments
Related Image
article

電子設計

December 12, 2018 18:13

バッテリーを長持ちさせるDC/DC

ロームは、アナログ設計技術やパワー系プロセスなど、垂直統合型の生産体制を駆使し、超低消費電流技術「Nano Energy®」搭載の電源IC を開発しました。

0 comments
Related Image
article

開発プロジェクト

December 7, 2018 14:38

人間の脳をSpiNNakerニューロモーフィックコンピュータで再現

最近、世界で最も強力なニューロモルフィックコンピュータが初めて起動しました。 それは何をし、私たちはすべて運命づけられていますか?

0 comments
Related Image
article

電子設計

November 30, 2018 11:39

ペリフェラル及びClicker 2 for PSoC 6の実験

サイプレスセミコンダクターのPSoC 6デバイスは、非常に強力で柔軟性の高いマイクロコントローラであり、多数の優れた機能を備えています。

0 comments
Related Image
article

ロボット工学

November 30, 2018 08:23

自分のロボットで本物の火星探査車のモビリティ制御を実現: パート2

パート1では、PID制御の背後にある理論を取り上げました。PID制御は、アクチュエータの機械出力(速度や位置など)と制御プログラムが要求する値を一致させるために広く利用されている手法です。今回は、実践面を詳しく見ていきましょう。

0 comments
Related Image
article

電子設計

November 22, 2018 09:46

コンピュータメモリ技術: フェライトリングからFRAMまで

磁気コアの後には、スタティックRAM(SRAM)、ダイナミックRAM(DRAM)、フラッシュの各チップメモリが搭載されています。 MRAM、FRAMなど最新の技術が登場します。

0 comments
Related Image
article

開発プロジェクト

November 21, 2018 16:04

ミュージックフェスティバル用の充電式12V電源システムの構築 パート1: はじめに

レッド・ティンとアウトドア・サウンド・システムをオフグリッドにして、どのようなバッテリーと太陽光充電パネルが法案に適合するかを検討することから始める計画

0 comments
Related Image
article

開発プロジェクト

November 21, 2018 14:53

月が初めて宇宙旅行者を迎える

子供の頃、億万長者の前澤雄策は月に行くという夢がありました!彼の夢は現実になるのだろうか?

0 comments
Related Image