DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

簡単な設計をソフトウェアを使うことで手間が少なく部品を製作することができます。

3Dプリンタはプロトタイピングに適したソリューションです。従来の金型加工にくらべ非常に低コスト・短期間で造形物を作成できます。また趣味で使うときはケースやちょっとした部品のスペア制作が誰でも簡単におこなえます。

これまでメカ技術者が使っていた積層造形技術ですが、今後は電子技術者・IT技術者・起業家・マーケッタ・アーティストなど、幅広い方々に活用されるべきソリューションです。

質問と回答

解決策を見つける

設計の難題を解き明かす解決策をお探しですか。電子設計に関する質問を参照し、コミュニティの投票で選ばれているベストアンサーを見つけましょう

質問に答える

質問に答えられるのは、エキスパートだけではありません。DesignSparkコミュニティでは、スキルレベルにかかわらず、問題の解決を支援し、コミュニティの質問に答えることができます。

質問をする

答えが見つからない難題に悩んでいる場合は、コミュニティで質問してメンバーに助けを借りましょう。

最新コンテンツ

Comments
  • ohe

    1 month ago

    これはDesignSpark Mechanicalについての質問だと思いますが、そもそもパラソリッドにも色々なツールがあり、単純に回答できるものではないと思います。具体的に何をしたいのでしょう?パラソリッドということは NXとかソリッドワークスとかのデータを持ってきたいのでしょうか? それともパラソリッドの3DデータをDesignSpark PCBにもっていきたいのでしょうか? なぜ持ってくる必要があるのでしょうか? などなどもう少し背景や要望の詳細を書かれるとよいと思います。
  • ohe

    4 months ago

    1アカウントで使えるライセンスの数をオーバーしたのではないでしょうか?
    たしかDSMechは1アカウントで6台のアクティベーションまでが可能だったと思います。以前 7台以上にアクティベーションする必要があり、アカウントを複数作ってのりきったことがありました。なのでこれだと思います。

    User name/Email in use は「このアドレスは登録済み」との意味なので、別のフリーアドレスなどを登録してみてはどうでしょうか?もしくはサポートに依頼して現在のアカウントを削除してもらうのも手かもしれません。
  • 6 months ago

    販売が再開されたようです。
    https://jp.rs-online.com/web/c/computing-peripherals/3d-printing-scanning/3d-printing-software/
  • 8 months ago

    ご提案の方法試して見ましたが復帰しませんでした。しかし、ストラクチャーツリーを復活させる方法がわかりました。デザインモードで表示中のソリッドを右クリックしてプルダウンメニューを出し、その中のストラクチャツリーで位置を表示すると言うメニューをクリックすればストラクチャツリーは復活します。試して見て下さい。
  • 8 months ago

    下記のURLのサポートによると2017年9月1日にDesignSpark Mechanicalアドオンの販売は終了したそうです。
    https://designspark.zendesk.com/hc/ja/articles/115002894333-DesignSpark-Mechanical%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%89%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-
article

3Dプリント・3D設計

March 21, 2018 16:22

ダイレクトモデリングCADが切り開く新商品開発の未来

DesignSpark Mechanicalの特徴の一つである「ダイレクトモデリング方式」の優位性についてCAD発展の歴史とともに迫ります

0 comments
Related Image
article

3Dプリント・3D設計

March 9, 2018 04:17

CADモデルをUnityでさらに“リアル”に!

普段から作成しCADモデルをもっとリアルに表現してみたいと思ったことはないだろうか?本記事ではUnityを利用して3Dモデルの表面のレンダリングを変更したり、メタリックに質感を変更したりすることで、より“リアル”に表現する方法を紹介する。また、もしほかのCADツールを利用している人でもRSコンポーネンツが提供しているDesignSpark Mechanicalを利用することでオブジェクトファイルに変換できるはずなので、ぜひ目を通して欲しい。

0 comments
Related Image
question

有料版DESIGNSPARK

有料版DESIGNSPARK