DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問
Electromechanical

冷却ファンやコントロールスイッチのようなメカトロニクス製品は、物理システムと電気システムをつなぐインターフェースとして機能します。

質問と回答

解決策を見つける

設計の難題を解き明かす解決策をお探しですか。電子設計に関する質問を参照し、コミュニティの投票で選ばれているベストアンサーを見つけましょう

質問に答える

質問に答えられるのは、エキスパートだけではありません。DesignSparkコミュニティでは、スキルレベルにかかわらず、問題の解決を支援し、コミュニティの質問に答えることができます。

質問をする

答えが見つからない難題に悩んでいる場合は、コミュニティで質問してメンバーに助けを借りましょう。

最新コンテンツ

article

回路構成からスピーディーにスライドスイッチを選択する【日本電産コパル電子】

基板実装型のスライドスイッチは多種多様で選択が煩雑になりがちで、「一目で特性などが参照できるリストはないかな…」と思ったことはないでしょうか。 スイッチの形状、回路表示、定格、その他条件も分かりやすいものがほしい、スピーディーに選択したい、というご要望にお応えしてクイック・リファレンス表を作成致しました。

0 コメント
Related Image
article

設計者を品質でサポートするスライドスイッチ CL-SB 【日本電産コパル電子】

設定用スイッチの選択にお困りになったことがないでしょうか?医療機器や産業機器ではダウンタイムの削減や小型化により、小型・高信頼性・長寿命など、近年設定用スイッチに求められる要件が多様化しています。そうした設計者の悩みを解決するために生み出されたのがスライドスイッチCL-SBです。

0 コメント
Related Image
article

メカトロニクス

July 4, 2019 02:48

PLC - スマートな産業用コンピュータ

プログラマブルロジックコンピュータ (PLC) は産業用・商用ともによく使用されるデジタルコンピュータだ。本記事では、PLCの基礎知識を紹介する。

0 コメント
Related Image
article

メカトロニクス

July 6, 2018 08:33

IoTシステムのPoCを手軽に実現できる開発キット

アルプス電気では、多彩なセンサと通信モジュールの組合せで人・モノ・環境の情報をネットワークにつなぎ、新しい価値を創造できるIoTビジネス実現にむけたセンサノードの需要に対して従来から提案を続けていました。しかし、スマートホンの普及など産業構造が変化しつつあるなか起こりつつあるIoTニーズへの対応に際し、個別案件では絞り込みするだけの数量を見込むことができず、模索の日々が続きました。そのなかで標準仕様開発キットの必要性を痛感し、生み出したのがこのセンサネットワークモジュールです。

0 コメント
Related Image
article

メカトロニクス

February 28, 2018 02:10

厳しい環境のためのNKKスイッチMシリーズ

これから自社の機器を設計にあたって,今までの想定以上に過酷な温度や湿度の条件がある環境下で使用することも考えられます。その対策におすすめのスイッチを相談したいのですが。

0 コメント
Related Image
article

耐破壊スイッチの「破壊」は可能か?

破壊に強いスイッチを破壊してみようと思ったことはありませんか?先日、防水防塵・破壊強度試験(IP試験とIK試験)を実際に行わせてもらえる機会を得ました。そこで得た経験とは... マニュアルはしっかり読みましょう。

0 コメント
Related Image
article

メカトロニクス

January 24, 2017 15:18

メカトロニクス – 未来のエンジニアリングの姿

最近はやりの「メカトロニクス」という言葉をご存じだろうか。最近できた言葉のように感じるが実は50年以上の歴史がある。1969年、安川電機によって作られた和製英語だ。 イギリスでは1985年にメカトロニクスの修士コースが開講され、その三年後の1988に初めての卒業生が輩出された。

0 コメント
Related Image
article

【山洋電気】耐用年数20年の冷却用ファン

山洋電気は冷却用ファンの信頼性を重視しています。想定寿命は18万時間、つまり20年を超える連続冷却が可能です。

0 コメント
Related Image
article

メカトロニクス

September 13, 2013 08:07

電子工学と機械設計の融合

電子工学と機械設計の両方を学ぶことの重要性に関する記事です。

0 コメント
Related Image