DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

IoT(Internet Of Things)は、これまでインターネットに接続することのなかった製品をネットと連動させていくことで、世の中をもっと改善していこうという考え方、およびそれに沿った製品やシステムのことです。センサ、省電力、無線、微細化などの技術の発達で応用範囲が広がりつつあります。特に産業機器のIoT化は人類の生産性を飛躍的に増大させ得ると注目されています。

QRコードや交通系電子マネーなど、スマホアプリを介するIoTシステムが一般的になりつつあります。今後はスマホすらも不要で直接ネットに接続するような製品も出てくることになるでしょう。

また今後大きな変革の可能性として、小売、農業、ビル、産業、ビジネスへのIoT化の応用です。 これらのIoT端末から収集されたビッグデータを活用することで、ビジネスプロセスを効率化や生産性向上につなげ、個人の生活をもっと豊かにすることができるようになるでしょう。

Sponsored by Digilent

article
Andrew Back

開発キット・マイコンボード

November 30, 2017 16:36

ラズパイとPythonでPmodを簡単に利用しよう

この記事ではラズパイとPyhon 及びPmod HATを使って、様々なPmodの使用する方法とその使用例を紹介する。

0 comments
Related Image
article
Adrian Gurr

計測・試験

March 16, 2018 13:54

コンパクトで安価! IoT開発に便利なオシロスコープボード

このボードを使えば、ノートパソコンでも利用できるため、作業場や出先の作業にも最適だ。普通のモニタリングとして使い続けたり、データロギングサービスやシステムが正常に動作しているか確認するために一時的に使用することもできるのだ。

0 comments
Related Image

質問と回答

解決策を見つける

設計の難題を解き明かす解決策をお探しですか。電子設計に関する質問を参照し、コミュニティの投票で選ばれているベストアンサーを見つけましょう

質問に答える

質問に答えられるのは、エキスパートだけではありません。DesignSparkコミュニティでは、スキルレベルにかかわらず、問題の解決を支援し、コミュニティの質問に答えることができます。

質問をする

答えが見つからない難題に悩んでいる場合は、コミュニティで質問してメンバーに助けを借りましょう。

最新コンテンツ

Comments
project

XinaBoxとZerynthで卓上扇風機を制御しよう

このチュートリアルでは、ソリッドステートリレー(xChip OC03)を介したデスクファンの制御を目的として、気温データを取得できるBosch BME280気象センサー(xChip SW01)の使用方法を説明する。XinaBoxとRSのパートナーであるZerynth Studioを使用してPythonでプログラムした。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

August 6, 2019 05:46

大気汚染の解決の鍵はクラウド(IoT)!?

私たちが呼吸する空気の質を当たり前だと思ってはいけません。工業化や現代的な生活が公害問題を悪化させています。どうすれば私たちの空気をもっときれいにできるでしょうか?

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

August 1, 2019 16:35

ソニー SPRESENSE LTEボード リリース前モニターキャンペーン(Maker Faire Tokyo2019会場で貸出し)

ソニーがリリースしたIoT向けボードSPRESENSEの新たなラインアップとしてLTEボードがこの秋の発売されます。RSでも販売予定です。それに先駆けてこのLTEボードがいち早く体験できる3か月間無料モニターキャンペーンを実施されるそうです。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

July 1, 2019 02:01

Google Cloudへのセキュアな接続が可能なMicrochip AVR-IoT 開発ボード

コスト・セキュリティ・接続性…IoTプロジェクトにはさまざまな課題がつきまとう。Microchip社とGoogle社が提携して開発したAVR-IoT WG開発ボードは、こういった課題を解決し、容易なクラウド接続設計を可能にする。

0 コメント
Related Image
article

Smart Sensing展(東京ビッグサイト)に出展します

6月5日(水)から開催される Smart Sensing 2019 に、RSが初出展を行います。DesignSparkのCADソフトはもちろん、先端IoT技術をテーマに部品メーカー殿のデモを展示する予定です。IoT、ビッグデータ、LPWAN、クラウド、Azure、AWS、LoRa、CAD、CAE などのキーワードに興味ある方にお奨めです。

1 コメント
Related Image
article

DRAGINO LoRa GPS HAT -JPとLoRa Mini Wireless Moduleを使って温度、湿度データをクラウドサービスで表示してみた

RSコンポーネンツさんのオンラインショップrs-online.comでDRAGINO社のLoRa GPS HATを購入して手元に届いたので設定して使ってみました。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

April 15, 2019 07:07

IoT技術者をサポート! 新サービス「OKdo」

SBCとIoTに重点を置いた新しいサービス「OKdo」が誕生しました、OKdoはDesignSpark 同様に、RS Components をサポートする新しいサービスです。 これまでDesignSparkでは、組込みエンジニアとIoTエンジニアをカバーしてきました。今後は新サービスのOKdoがIoT技術を専門的にカバーきるようになります。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

March 4, 2019 02:25

LoRaWANの2つのアクティベーション方式とは?ABPとOTAAについて解説します

LPWAの代表例であるLoRaWANでは,デバイスとセキュアに通信するため暗号化して通信する仕組みが導入されている。通信開始時には「アクティベーション」により暗号鍵を交換するが、この方式にはABPとOTAAの2種類がある。本記事では今後LoRaWANの発展において理解が重要であるこの2種類の方式について解説しよう。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

February 19, 2019 16:58

TheThingsNetworkのデータをAllThingsTalkで可視化してみる

先日LoRa IoTスターターキットを試した際に、TTN上で温度と湿度のデータを確認できた。さらにTTNに用意されているインテグレーション機能を利用すれば、その他の可視化サービスと連携することができる。今回はIoTのデータを簡単に無料で可視化できるAllThingsTalk Makerを利用してみた。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

February 19, 2019 16:52

LoRa IoTスターターキットをThe Things Networkで試す パート3:TTNでデータを見てみよう

昨年末、Dragino製LoRa IoTスターターキット(RS品番:2552247958)の販売がアールエスコンポーネンツで開始された。今回、このスターターキットを、LoRaWANのデファクトスタンダードであるThe Things Networkを利用して試していこう。パート3では実際にTTNでデータを確認してみよう。

0 コメント
Related Image
article

LoRaWANグローバル会議「The Things Conference 2019」参加レポート

LoRaWANを世界規模で牽引するThe Things Network(以下「TTN」と表記)、そのTTNが主催とするグローバルカンファレンス「The Things Conference 2019」のレポートです。

0 コメント
Related Image
article

IoT(Internet Of Things)

February 7, 2019 09:42

LoRa IoTスターターキットをThe Things Networkで試す パート2:ゲートウェイを準備しよう

昨年末、Dragino製LoRa IoTスターターキット(RS品番:2552247958)の販売がアールエスコンポーネンツで開始された。今回、このスターターキットを、LoRaWANのデファクトスタンダードであるThe Things Networkを利用して試していこう。パート2ではLoRaゲートウェイをTTNに登録する手順を紹介しよう。また、最後にコミュニティについても簡単に紹介する。

0 コメント
Related Image