Skip to main content

部品の3Dビューを有効化しよう!!

0

この記事では、プリント基板を正しくレンダリング(検証)するために3Dビューで有効にしなければならないライブラリ構造を説明します。これらのスクリーンショットはDesignSpark PCB Pro(有償版)からキャプチャしたものですが、DSPCB(無料版)でも同様にできますのでご安心ください。

「Library Manager」から「Folders」タブを選択します。Defaultのライブラリ(下図青ハイライト)が有効になっていない(グレーアウトしている)場合は、選択して「Folder Enabled」のチェックボックスにチェックして有効化します。

下部のウィンドウエリアには、.pkgタイプの4つの付属フォルダがあります。これらには3Dモデルが含まれており有効にしておく必要があります。

Library Manager screen showing the pkg files

次に3D Viewタブを選択します。

利用可能な(有効化されている)3Dコンポーネントモデルを表示するには、「All Libraries」を選択します。そうするとリストにすべての3Dモデルが表示されます。

Library Manager - select 3D View and All Libraries to see all 3D components

Previewにチェックをした状態で任意のコンポーネントを選択すると、コンポーネントの3Dモデルとフットプリントシンボルが表示されます。PgUpとPgDnキーでリストを上下に移動したり、マウスの左クリックで選択して個々のコンポーネントを調べることができます。

Library manager - use PgUp and PgDn keyboard buttons to scroll through the components

さらに便利な機能として、レポート機能があります。上図の中央下にRportボタンがあり、それを押すと下図のように、コンポーネントモデルのレポートやライブラリ内での使用状況を生成するように設定できます。

Package Library Report to see packages in each library

上記のレポート機能を使用し、生成したレポート例を以下に示します。

Report showing packages in library

詳しくは、DSPCBに内蔵しているヘルプファイルの「インデックス」の「3D....」と「Edit 3D Package」に多くの情報が記載されていますので、確認してみてください!

Pro版には、ヘルプやPro用のユーザーズガイドに記載されているような3Dオプションが追加されており、さらに細かい設定が可能です。

その他関連情報:

3D表示の部品モデルを準備・設定する方法について

RS Components / Allied Electronics Support for DesignSpark PCB

Recommended Articles

DesignSpark Electrical Logolinkedin