Skip to main content

長寿命・高実装性を両立した小型白色チップLED

産業機器や民生機器における表示パネルの数字表示やインジケータ光源として、デザイン性と視認性を高めるため、小型の白色LEDが使用されるケースが増えています。

小型チップLEDは、モールド構造タイプが主流でこのモールド部分にはエポキシ樹脂が採用されるのが一般的です。しかし白色発光は、赤色や緑色のLEDとは違い、短波長(~527nm)のLEDを使用しており、エポキシ樹脂を黄変させ、光度寿命を短くしてしまうという問題が発生します。一方、光度劣化に対しては、LED照明で実績のあるシリコーン樹脂の採用で改善できますが、小型パッケージでは、リフレクタをつけるなどの実装強化策がとれないことから、モールド部分の破壊が課題となってしまいます。

<ローム新開発の小型白色チップLED : SMLD12WBN1W>

今回 ロームでは、エポキシ樹脂とシリコーン樹脂の良特性を兼ね備える樹脂を新たに採用したことで、1608サイズの白色チップLEDで長寿命と高実装性を確保することに成功しました。

1)長寿命化を実現
通電試験時(1,000時間通電)で、光度を100%維持することに成功。エポキシ樹脂と比較して、約20倍、シリコン樹脂と同等の長寿命化を実現できます。

2)高実装性を維持
モールド強度においても、シリコーン品の約25倍に改善し、一般要求値も大きくクリアしています。

SMLD12WBN1W (ご購入はこちらから)


ロームでは、アールエスコンポーネンツ様を介してWEB購入可能な環境を整えるとともに、充実したサポート体制を提供してまいります。

(About ROHM) "R" represents the first letter of our original main product, Resistors. This was put together with the unit for resistance "ohm". The "R" now also stands for "Reliability". "Quality First" is ROHM's corporate policy.

関連性のあるコンテンツ

DesignSpark Electrical Logolinkedin