DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

新しいDesignSpark Toolbox Appには、どんなツールがあるだろうか?

新しいDesignSpark Toolbox Appには、電子機器エンジニア、メーカー、愛好家、設計者に向けた必要なツールが搭載されている。現在、Android、iOS、及びWindowsユーザーが無料でダウンロードして自由に利用できるようになっている。

ここでは、DesignSpark Toolbox Appに搭載されている、それら使い勝手の良い設計ツールのうち、いくつかを簡単に説明しよう。ツールの詳細と使い方は、各ツール内で確認できる。

指先1本で使えるツール「DesignSpark Toolbox

抵抗器

3・4・5・6バンド抵抗器をお持ちの場合、抵抗値と許容差がわからないことはないだろうか?もしくは6バンド250KΩの抵抗器の色を知りたい場合はないだろうか?バンドの色または値を入力すると、欲しい情報を確認することができるのだ。

コンデンサ

静電容量値を入力して色を表示するか、色を選択して値を表示することができる。お客様は、一連の数字をデコードすると静電容量が示されるコンデンサをお持ちだと思うが、このツールを使用すると、そのコードが示す静電容量を確認できるのだ。

SMDの抵抗器

表面実装抵抗器には、一連の数字をデコードすると抵抗値が示されるものや、数字と文字をデコードすると抵抗値が示されるもの(EIA-96タイプの場合)など、さまざまなタイプがある。自分のSMDの形態がわからない場合は、このツールを使用すると、すべてを表示させることが可能だ。

インダクタ

インダクタは、見た目は抵抗器に似ているが、通常、基調色は緑もしくはシアンで、バンド数は4~5本だ。この機能によって、インダクタンス値を入力してバンドの色を表示することも、色コードを入力してインダクタンス値を表示することも可能となっている。

オームの法則

電圧・抵抗・電流・電力など、オームの法則に従う基本的な計算は、このツールを利用してどこでも行うことができる。必要なフィールドに値を入力するだけで、結果を表示してくれるのだ。

LED

様々なLEDの種類と色を選ぶことができる。ソース電圧、LED電流などを入力すると、単一または複数の直列LEDを駆動する際に必要な電流制限抵抗器のサイズを知ることができる。

電圧レギュレータ

78xx/79xxチップを利用する固定電圧電源もしくは可変電圧LM3xxレギュレータを設計する必要はなくなった。その作業のすべてを、この便利なツールでサポート可能だ。

定電流

LM317チップは、定電流電源設計の基盤だ。目的の電流または抵抗値(もしくは両方)を入力すると、このツールで抵抗値に必要な電力値を計算することができる。

NE555

555タイマICは、非常に多くの回路に組み込むことができるため、世界中の数多くの設計及びプロジェクトで使用されている。Resistor/Capacitor領域及びTime/Frequency領域に、現在の値または必要な値を入力すると、すべてが表示され、一度に確認することができる。

OpAmp(オペアンプ)

非反転・反転・加算・計装・差動オペアンプ回路、このツールでは、必要な対応値をすべて計算できる。ツールの選択肢から必要なオペアンプ回路タイプを選択すると、準備は完了だ。

進数変換

16進数を2進数に、もしくは小数部を8進数に変換することも可能だ。この非常に使いやすいツールには、変換元または変換先に指定できる数多くの基本単位が用意されている。

単位

角度・面積・質量・電力・圧力など多くの要素を変換元の単位として選択し、それを関連するさまざまなサブ単位に変換できる。気圧を水の高さ(インチ)に変換するといった具合だ。

パッケージ

大部分の電子部品は、レイアウトや形状、物理的寸法が定められた標準化されたパッケージで提供されている。QFNからDIPまで、多くのパッケージ特性の一覧が、この参照ツールで表示、確認できる。

基板配線の幅

基板トレースの幅を計算するときは、幅が電流容量に対応できるかどうかを検討する必要がある。内部ストリップライン及びマイクロストリップのトレースの幅を計算し、より迅速に設計を始めることができる。

Microstrip Mitre

ラインインピーダンスを維持することは、RF回路設計における重要な検討事項だ。Microstrip Mitreツールは、基板設計内でトレース方向に90°回転の変更を行う際、インピーダンスの維持をサポートしてくれるのだ。

デルタ スター

デルタ接続をスター接続に、またはその逆に変換する必要がある場合にこのツールが便利だ。計算タイプを選択して、抵抗値を入力するだけで、デルタとスター間の変換を簡単に行うことができる。

Raspberry Pi

Raspberry Piについてもう少し知りたくないだろうか?モデルの概要から、Raspberry Piプログラミングと開発の魅力的な世界に入るためのコーディングの例まで、多くの情報がここに詰まっている。

フィルター

ハイパス・ローパス・バンドパスフィルタ回路の抵抗・静電容量・インダクタンスの計算に適切なツールがある。フィルタタイプを選択し、値を入力するだけで、簡単に計算することができる。

NTC PTC

サーミスタは、温度変化があった場合に所定の抵抗を変更する感温抵抗器だ。このツールには、負の温度変化(NTC)及び正の温度変化のタイプが用意されているため、必要なタイプを選択して、計算することが可能だ。

製品情報

ドリルサイズ・IP定格・アキュムレータ・トロイド・バッテリタイプなど、すべてを網羅する製品情報テーブルの概要について確認できるツールだ。豊富な情報が指先だけで手に入れることができるのだ。

 

その他の利用できる機能

DesignSpark Toolbox Appは、使いやすいエンジニアリングツールの概要をまとめて提供してくれるだけでなく、DesignSparkコミュニティへのアクセスポイントにもなる。ここでは、最新のモバイル対応のあらゆる記事を読んだり、コミュニティに質問したり、最新のニュースをチェックしたりと、多くのことができる環境が提供されている。DesignSpark Marketplaceで販売されている製品を見たり、メーカーから直接購入したり、自分が設計したものを販売したりすることも可能だ。さらに、RS Proや急速に拡大しているDesignSpark製品など、たくさんの製品にアクセスして、RSから直接購入することもできる。

今すぐDesignSpark Toolbox Appをダウンロードしよう。以下のリンクから確認してほしい。

App Store (iOS): 今すぐダウンロード

Google Play (Android): 今すぐダウンロード 

Microsoft Store (Windows): 今すぐダウンロード

Countless years taking things to bits to see how they tick...

23 May 2018, 5:50