DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

Industry 4.0の登場とIIoTの進化

技術の進歩が工場フロアを新しい時代へと推し進め、継続的な改善によりこれまでには想像もつかなかったような結果が生み出されています。

Industry 4.0により、拡張された機器の使用が増加する中、私達は生産プロセス内で増加するインタラクションにどのようにして対応したらよいでしょうか。

IIoTの進化

現在IIoT (産業用モノのインターネット)は、現実のものとなってきています。以前はコンセプトでしかなかったIIoTやIndustry 4.0は、既に複数の市場の成長を促進しています。これには、センサやその他のデバイスのインターネットワーキングにおける超低電力(ULP)ワイヤレス技術が含まれています。これらの技術によってより優れた、より効果的な通信が可能になります。

優先ULPプロトコルとして複数の候補が上がっていますが、業界をリードするテクノロジーはどれでしょうか。

IIoTの普及を実現するワイヤレスプラットフォームは、RF同軸コネクタ、アンテナケーブルアセンブリをベースとしています。これらの製品には標準製品とカスタムの両方のニーズが存在していますが、場合によっては、製造業者がそのIIoT設計にまったく独自のソリューションを必要とすることがあります。例えば、Wi-Fi、携帯、Bluetooth、GPS、UMTSなどの通信技術です。

これらの通信テクノロジーの多くはまだ開発途上にありますが、センサなどのIIoTの最前線の製品はもう何年も市場に存在しています。圧力センサや温度センサは、膨大な数のデバイスに組み込まれています。この例としては、画面の向きに従って表示を変化させる、モバイル端末の加速度計が挙げられます。

多機能融合センサ

個別の複数の機能が組み合わされ、多機能の「融合」センサが生まれています。これらの融合センサをIIoTで使用すると、過去数年間に見られてきた省スペース及びコスト削減の流れを促進させることが可能です。

IO-Linkのような産業標準プロトコルの導入により、コストを低く抑えられると同時に、センサがますます賢くなり、より多くの診断情報とメンテナンス情報が得られるようになりました。工場フロアに設置された産業インフラストラクチャは、専有のシリアルフィールドバスから、PROFINETのような革新的なイーサネットベースのネットワークに移行しつつあります。Molexは、従来のデジタル及びアナログインターフェースに代わる通信標準としてIO-Link技術を推進しています。このようなネットワークは、新しい機能に求められるより大きなデータ容量に容易にに対応できます。

テクノロジーの収束

上記のプロトコルはIIoTの開発に不可欠ですが、このビジョンを生み出したのはテクノロジーの収束であることを忘れてはいけません。次世代のセンサーチップは、IPv6アドレス指定とともに技術の集約の中核を担う要素となっています。それによって、人とデバイスの間で無限の通信が可能になります。

モレックスは顧客が技術を統合する手助けになる、プラットフォームソリューションに取り組んでいます。これには、IIoT、分散制御、安全でセキュアな統合ソリューション、および産業用通信が含まれます。この進化の最前線で技術を開発するリーダーとして、MolexはIIoT全体にわたる多様な用途向けの標準ソリューション及びカスタムソリューションを提供します

その他のソリューションについてはこちらをクリックしてください。 

Molex is a leading provider of electronic components and solutions. Our approach to innovation is key to solving complex customer challenges, allowing us not only to create many pioneering electronic solutions, but also build a globally recognized company.

30 Mar 2019, 4:49