Skip to main content

技術の融合でインダストリー4.0や産業IoTを実現!

技術の進歩が工場をもっとスマートに

インダストリー4.0により進化した機器の増加に伴って私たちは生産プロセスの影響にどう対応していくべきなのか?またそのインタラクションをどう活用するか?

IIoTの進化

かつては単なる概念にしか過ぎなかったがインダストリー4.0やIIoT(産業用IoT)は今や実用段階に迫っており、複数の市場では成長に欠かせない要素になりつつある。中でも、センサデータなどを収集し効率的にインターネットに送信する超低消費電力(ULP)無線が注目されている。

通常は、通信の方式や回路ばかりが話題になるが、IIoTでは周辺の構成部品も含めたトータルの視点が重要だ。

ULP無線プラットフォームの構成要素としては RF同軸コネクタアンテナケーブルアセンブリがベースとなるだろう。これらは標準品の採用も多いが時にはカスタマイズした専用部品も必要となる。場合によってはメーカーがその市場のIIoT化に適した独自の設計をしなければならない。例えばWi-Fi、cellular、Bluetooth、GPSおよびUMTSなどの通信技術が該当する。

元来のセンサーとIIoT

前述した通信技術はまだ発展途上である。しかしセンサーなどは以前からあるものが多くIIoTの最前線で使われている。圧力センサー、温度センサーなど親しみが深いセンサーは今やどの機器にも内蔵されている。もっと親しみ深いものだと加速度センサーである、誰もが持っているモバイル端末の画面の向きはこのセンサーが認識し調整を行っている。

IIoTのイメージ

様々な技術の融合

現在、様々なセンサーの機能を融合し多機能な「融合」センサーを製作する動きが強まっている。そしてこれらの融合センサーはIIoTシステムとさらに“融合”することで効率化・低コスト化をさらに加速させる。

IO-Linkのような標準的な産業用プロトコル導入によりセンサーがよりスマート化、メンテナンスの向上、コスト低減が可能になる。工場に設置されている産業インフラは独自のシリアルフィールドバスからPROFINETのような革新的イーサネットベースのネットワークに移行しつつある。そこでモレックス社は従来のデジタル及びアナログインターフェースに代わる通信標準としてIO-Link技術を推進している。これらのネットワークはあらゆる新機能に必要な大容量データに対応できる。

I/Oモジュール

コア技術? いえ周辺含めた融合がカギ

既述のプロトコルはIIoT開発に不可欠であるがこのビジョンを実現できたのは技術融合によりもたらされた。「次世代の融合型センサーチップ」は人とデバイス間の無制限通信を可能にする「IPv6アドレッシング」とともにこの技術融合の中核的な要素となっている。

モレックス社は、お客様が新しいテクノロジーを利用可能にするためのプラットフォームソリューションに取り組んでいる。具体的にはIIoT、分散制御、統合された安全安心なソリューションおよび産業用通信を総合的に提供している。当然全体を見渡した融合についても業界の最先端に位置している。

この技術進化の最前線のリーダーとしてモレックス社はIndustry 4.0全体に関わる多様な用途向けのスタンダードソリューションと専用性を持ったカスタムソリューションの両方を提供している。

その他のソリューションについてはこちらをクリック

モレックス社

Molex is a leading provider of electronic components and solutions. Our approach to innovation is key to solving complex customer challenges, allowing us not only to create many pioneering electronic solutions, but also build a globally recognized company.
DesignSpark Electrical Logolinkedin