DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

Myo 拡張モーションキャプチャ

 

Myoは、ユーザの筋肉の電気信号をモニタしてデジタル応答する独自のセンサを使用した、Thalmic Labs社のタッチフリー技術制御における発明です。

これらのセンサは、8つのゴム製モジュールに埋め込まれており、ユーザが特定の動きや手振りをすると筋肉の電気信号を読み取って、Bluetoothや携帯電話やコンピュータなどと通信します。

EMG や IMU

Myoには、動きや手振りを追跡するように設計された2種類のセンサ、8つの筋電センサ、1つの9軸慣性測定ユニットがあります。 慣性ユニットには、ジャイロスコープ、加速度計、および磁力計が含まれています。これらはすべて3軸の変形です。 一緒に使用すると、これらのセンサタイプは、無限に近い量の物理的入力を登録することができます。どれも当初は高価でした。

柔軟な入力

Myoの柔軟に対応できるように、1つのPCBではなく個々の回路基板で構成されています。これにより、前腕の周りの分離を維持し、使用時に適切に曲げることができます。 このデバイスの8つのポッドは、正しく機能するようにユーザの腕の周りにぴったりとフィットするように設計されており、ワンサイズのものです。 柔軟なゴム膜構造はMyoの完全性を維持し、複雑な電子モジュールはこの柔軟な膜を介してデイジーチェーン方式で接続されています。

アームバンドはマイクロUSBケーブルを使用して充電された内蔵のリチウムイオンバッテリを介して電源を供給し、平均して1回の充電でMyoを1日中使用するのに十分な電力を供給します。 技術的な特徴には、デュアルインジケータLED、ARM Cortex M4プロセッサ、短期、中期、および長時間の振動を伴う触覚フィードバックが含まれます。

アームとArduino

Myoが使えるアプリケーションのリストは、急速に拡大しています。 MyoはSpotifyでは音楽の再生を制御、拳を作り、腕を右または左に回すと音量を上下させ、左右に振ってトラックを変えることができます。 ラップトップのインターフェースと制御、ドローンのパイロット、または最新のプレゼンテーションの制御が可能です。 ArduinoでMyoを使用したいくつかの興味深いプロジェクトは、ここで見つけることができます

最近、Myoのアプリケーションは、人工四肢の開発で医療分野の進歩を遂げ始めました。このユニークな製品の可能性は、私たちの想像力によって制限されているだけであり、不可能ではありません。

データを扱ってみる

 

デバイスのセンサからの出力を調べたい場合は、Myo MarketにMyo Data Captureというアプリがあります。 このアプリは、加速度計、ジャイロスコープ、オイラー角の向き、筋電図センサからのデータなど、ストリーミングされるすべての情報が4つのCSVファイルで出力されます。

Myoは人類が機械や他の技術とどのように相互作用できるかで革命が起きます。新しくてエキサイティングなアプリケーションができるだけ早く作成され、将来はこの特定のデバイスやアプリケーションにとってインスピレーションが湧くようになるでしょう。

Myoアームバンドの詳細については、ここをクリックしてください。

Countless years taking things to bits to see how they tick...now Fighting the good SEO & content battle at Kempston Controls!

10 Mar 2017, 11:30