Skip to main content

リーダーは皆どこに?

Connector Geek
0

私は1991年にインターコネクト業界に入りましたが、そこが、数十年にわたってコネクタ市場を支えてきた伝説的なプロフェッショナルたちであふれている世界であることに気付きました。

私が初めて受けた徹底的な製品トレーニングは、Jack Gentryという、手ごわい紳士によるものでした。彼はアメリカのコネクタメーカー、Positronic Industriesの創設者です。以前はアメリカ海兵隊のパイロットで、朝鮮戦争に従軍した経歴を持っています。自身の会社や業界をどのように成長させるかについて明確なビジョンを持つ真面目なエンジニアでした。

Leader_ecd78ae3b2f48365f8c7e4cda7fb1d35c816dbd7.jpg

彼だけではありません。顧客との関係の構築がビジネスを行う唯一の方法であった時代に、業界とともに成長してきた人々の名前を挙げていったら、このページが埋まってしまうことでしょう。ビジネスの成功は、この個人レベルのアプローチに依存していたため、私を含む多くの人が後に続いた、踏みならされたキャリアパスが存在するということです。私が初めて就いた仕事は内勤の販売管理でした。知識と自信が身についたら、次のステップとして外勤営業のポジションに就き、その後、一般的にフィールドアプリケーションエンジニア(FAE)と呼ばれる、より技術的な職務に就きました。

こうしたキャリアアップにより、私はお客様と話をし、その用途を目にし、彼らが日々直面する問題を理解する機会を得ました。私は幸運にも、大勢の興味深いエンジニアと知り合い、彼らが何を設計しているかを知ることができました。お客様の技術的な問題の解決をお手伝いするために、原子炉によじ登ったり、戦闘機やレーシングカーの内部をのぞいたり、地対空ミサイルの解体を手伝ったりといった経験をしました。

これらはすべて私が仕事をするうえでの糧となっています。別のお客様がまったく同じ状況に直面する可能性はほとんどありませんが、「エンジニアが似た問題に対応したことがあります。次のような方法で解決しました…」という言葉で多くのお客様をお手伝いすることができました。その知識によって私はセールスマンとして成長しましたし、それなしには、間違いなく、今日Connector Geekとして記事を書いていなかったことでしょう。

約30年が過ぎ、コネクタ業界も進歩しました。変わらないこともあります。私たちは、今でも電気回路や電子回路を結合する製品を製造するビジネスに携わっているということです。また、変化したこととしては、ビジネスでのお客様との関わり方が挙げられます。設計エンジニアの減少、技術の進歩、インターネットの誕生、エンジニアの専門的知識の向上など、あらゆる要素がこの変化を引き起こしてきました。

しかしこれは大した問題ではありません。問題は、30年前には不可欠だった対面式のビジネス手法はもはや存在しないということです。FAEがお客様に会う機会が減り直接お客様の用途を目にすることがなくなっています。

お客様の問題を解決する方法を理解することが、優れたセールスマン、プロダクトマネージャ、設計者の条件なのだとしたら、次世代のリーダーは、自身でお客様を訪ねることなく、どのようにその技術を学べばよいのでしょうか?

コネクタ市場は成長し続けており、今後5年間で30%を超える成長が見込まれています。この成長の推進要因が何であるかは明らかです。電気自動車、再生可能エネルギー、5G通信、AIの成長などです。こうした用途によって、より強力で高速、小型のコネクタに対する需要が高まっています。そして、次世代コネクタの開発には、それに対する深い理解が必要です。専門家やリーダーの存在なしに、どうすればこうした開発を行うことができるでしょうか?

どのようにして、インターコネクト業界の未来のリーダーを見つけることができるでしょうか?

皆さんは、どのような方法で未来の業界リーダーを見つけているのでしょうか?

Connector Geek is Dave in real life. After three decades in the industry, Dave still likes talking about connectors almost as much as being a Dad to his two kids. He still loves Lego too. And guitars.

おススメ記事

DesignSpark Electrical Logolinkedin