あなたは%country%にお住まいのようですが、言語設定を%language%に切り替えますか?
Switch to English site
Skip to main content

繰り返し使えるリセッタブルヒューズの適切な選び方【日本電産コパル電子】

「リセッタブルヒューズ」とは、繰り返し使用が可能な自己復帰型の過電流保護素子です。ポリスイッチ、ポリヒューズ、サーキット・プロテクタなどとも呼ばれています。一度回路を遮断した後、過電流の原因を取り除くことで、素子を交換することなく繰り返し使用できます。

ここでは、当社の製品PRCP(ポリマー・リセッタブル・サーキット・プロテクタ)シリーズをご紹介するとともに、最適な1点を選ぶ手順をご説明します。

<PRCPシリーズ>prcp_new2_51b32113387a75a73585d7fa4686d633c2f7335a.jpg

PRCPシリーズ特長                                                    

  • PTCサーミスタ方式
  • しゃ断までの時間は適度に遅く、サージ電流で誤動作しない。
  • しゃ断特性の立ち上がりが速い。
  • トリップする時間は、電流が大きいほど速くなる。
  • UL、CSA、TÜV認証
  • RoHS対応
  • ハロゲンフリー対応

<PTCサーミスタとは>
PTCサーミスタ(PTC: Positive Temperature Coefficient=正温度係数)とは、下記のような温度特性グラフのように、温度が上がると、ある温度を境に急激に抵抗値が上昇するデバイスです。PRCPはその性質を利用した過電流保護素子です。
_70d4eaab277196fec166b250f83ca7f3f98700d6.png

PRCPシリーズには、面実装タイプと端子挿入タイプがあります。

 

面実装タイプ

Surface_Mount_74192bbec1a9ffa4bafbc51fd439a5cec3d5fab6.png

PRCP-MSMF, PRCP-SM, 
PRCP-USMF

端子挿入タイプ
Through_Hole_34ee017a33a96a552e93466139e76020051f6f45.png

PRCP-R, PRCP-RG,
PRCP-RHT, PRCP-RX/72

特長 ・小形化で省スペース ・豊富な製品シリーズで様々な用途に対応
・豊富な製品シリーズで様々な用途に対応 ・保持電流値:0.05~13.0A
・保持電流値:0.05A~2.6A ・最大定格電圧:16V~72V
・最大定格電圧:6V~60V ・安全規格: UL 、TÜV
・安全規格: UL ,CSA, TÜV ・速いトリップ時間
・速いトリップ時間 ・高温タイプ(125℃まで)
・3216~8763mmサイズ  
用途 ・マザーボード ・マザーボード
・USB、周辺機器 ・USBハブ、ポート周辺機器
・デジタルカメラ ・各種家電製品の電源
・ディスク・ドライブ ・電源トランス
・ゲーム機 ・ゲーム機
・二次電池 ・照明器具
・電話機 ・工業用制御装置
・プリンタ  

 

PRCPシリーズの中から最適部品を選定する

PRCPシリーズ製品を使用する際、次の4つのステップを踏むことで、最適な素子を選択頂けます。


ステップ1:「回路の最大電圧」から絞込み

Step_one_09ef493f67c2b862e96e68c68da05f66d8e0b472.png

回路の最大電圧に適したPRCPを選択します。

ステップ2:データシートの「温度軽減チャート」を参照

データシートの「温度軽減チャート」を参照して、「周囲温度」で「通常時の動作電流以上」のIholdのものを選定します。

ステップ3:異常時の電流値を確認

異常発生時の電流値(Itrip)を確認し、データシートの「温度軽減チャート」から適しているものを選びます。
Step_two_rev_7129f1f2af6db0576083758cc63acc9b5c8ac9dd.png

ステップ4:トリップ時間を確認

データシートのトリップ時間を確認します。

Trip_Time_8635dff6473dbcd18a6e7be7195e3de4375208bc.png

★ポイント:使用時のPRCPの周囲温度で選定することが重要です。

最後に使用する条件およびパラメータを一覧表にしました。

使用する条件 PRCPのデータシート上のパラメータ

回路の最大電圧(V)

Vmax ; 最大定格電圧(V)

通常の動作電流(A)

Ihold ;保持電流(A)

異常時の制限電流(A)

Itrip;トリップ電流(A)

トリップまでの時間(s)

TTT;トリップまでの動作時間(s)

 

NIDEC COPAL ELECTRONICS CORP. さんはまだ自己紹介を入力されていません...
DesignSpark Electrical Logolinkedin