Skip to main content

ARDUINOシールド基板を超簡単に設計!

Arduino_motor_DSPCB_4ea3de98d906908b8229a46202efbb1f613f09db.jpg

この記事では、我々が提供するDSリファレンスデザインを活用することでArduino Unoのシールドが簡単につくれるテクニックを紹介します。

DSリファレンスデザインとはDSPCB形式で基板設計データを提供するサービスのことで、これを活用することで、一から基板設計を行う必要がなくなり基板設計時間を大幅に削減することが出来ます。

今回利用するリファレンスデザインは下記のFAQで提供されているArduinoシールド用の外形データです。

このFAQのラストで完成した基板データがあるので、これをプロジェクトで読込み、自作回路と組み合わせることで、あっという間にオリジナルのArduinoシールド基板が完成します。ぜひ試してみてください。

面白いものができたらコミュニティで披露してください。

リファレンスデザインの使い方

まず、新規プロジェクトを作り、そこに自分が作成した回路を追加します。

上記の基板データをプロジェクトのフォルダにダウンロードし、プロジェクト名や回路図に併せファイル名も変更します。

DesignSpark PCBに戻り、下の画面を参考にしてリファレンスデザインをプロジェクトに追加します。

Add_files_to_project_-_PCB_b2c6804f947db5e1331fd0776c2aaaa135a91e5e.jpg 

PCBファイルを選択し、プロジェクトに追加します。

Shield_Project1_49d1f9b7e2d03a9121966dc944d85bf49da14407.jpg

 

ここで、 menu > tools > Forward Design Changes を実行することで、空の基板データ上に部品が現れるので、配置と配線を行います。もちろんオートで行っても構いません。

PCB_components_positioned_406b41cdb3f07ab2014a332f4f8ae8c2c2146f8c.jpg

Arduino Unoとの接続に必要なコネクタはdocumentation layerに存在しているので、より簡単にオリジナルのシールドを作ることが可能です。

リファレンスデザインを利用して基板を効率よく設計しましょう!

実際に活用している動画はこちら

RS Components / Allied Electronics Support for DesignSpark PCB
DesignSpark Electrical Logolinkedin