DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

Wurthのワイヤレス給電(非接触給電)

無線で充電が行える「ワイヤレス給電(非接触給電)」の原理は目新しいものではありません。実は1890年代には、現代とよく似た誘導コイルによる動作実証が Nikola Tesla 氏によって行われていました。

1890年頃のNikola Tesla氏


しかし、「ワイヤレス」という言葉からつい最近生まれた技術のような印象を受けます。それは、多くの人にとってはスマートフォン や Wi-Fiと深く結び付いているものであり、実際にワイヤレス電力を普及させるのはスマートフォンだからです。

スマートフォンやタブレットのユーザーは、絶えずメールやテキストメッセージを送信したり、ソーシャルネットワークに投稿したり、オンラインゲームを楽しんだりしています。大きな画面、高速のプロセッサ、HDグラフィックスが大量の電力を消費するため、一般的なユーザーは充電が1日持つかどうかという状態です。この問題を便利に解決するのが、公共のワイヤレス充電ステーションです。例えば、レストランでワイヤレス充電器が装備されたテーブルにスマートフォンを置くだけで充電できます。ワイヤレス充電器をユーザーにとって役立つものにするには、簡単に使えて効率的に高速充電可能なことが重要ですが、さらには従来の有線の充電器に匹敵する性能であることも重要です。

この技術、スマホなどの一般消費者向けだけではなく、今後もっと幅広い分野で多種多様な用途が新たに生まれると、Würth Elektronik は考えています。たとえば、医療分野のハンドヘルド外科用機器などで、これまではプラグなどが付いた充電器で使用前にフル充電していました。こうした充電器の接触部は、消毒液で簡単に腐食してしまいます。また、入念に設計しても、完全に殺菌することが困難な部分が残ります。

しかし、ワイヤレス給電技術を応用すれば、医療機器を完全に密閉して汚染や腐食を防ぐことができます。別の例として、高濃度の汚れ・粉塵・可燃性物質がある工業環境で使用される設備には、ワイヤレス給電が最適です。露出した電気接触部に関連する環境リスクや信頼性の問題の多くを排除できます。

これらのソリューションの成否は、当然ながら、送信側・受信側の両方に標準準拠のプロトコルに従ったデバイスがあるかどうかによります。メーカーに関係なく互換性のあるどのステーションでもデバイスを充電できることが実証されたら、このテクノロジーは広く普及するでしょう。従って、どの標準プロトコルが市場にあり、どのテクノロジーがその背後にあるのかを理解することが非常に重要です。

Würth Elektronik は、ワイヤレス電力の確実な理解と設計に役立つアプリケーションガイドを提供しています。こちらからダウンロードできます

アールエスコンポーネンツでは、Würth Elektronik のさまざまなインダクタ製品を取り扱っています。ぜひご覧ください。

アールエスコンポーネンツが取り扱うすべてのWURTHインダクタ製品を表示

Connector Geek is Dave in real life. With 28 years in the industry, Dave likes talking about connectors almost as much as being a Dad to his two kids. He may still be a kid at heart himself...

26 Feb 2016, 8:07