DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

リスク評価は“歯磨き”のようなもの

私たちにとって、”歯磨き”はとても重要であることはみなさんもお分かりでしょう。歯を磨かなければ、歯や歯茎に深刻な悪影響が及ぶことになります。一般的に日課として歯を磨くことは正しいことだと考えられていますが、統計によると、米国では成人の約半数が1日に2回ほども歯を磨かないのです。

歯磨きを怠るとどのような影響があるでしょうか?英国の医学雑誌が2010年に実施した調査によると、歯磨きの回数が1日2回未満の人は、心血管疾患や結合組織の炎症・喪失のリスクが70%も高いことがわかりました。

これらの疾患がもたらす影響にメリットはありません。歯磨きを怠ることで得られるわずかな時間の節約が、やがて更に大きな悪影響に取って代わることになります。虫歯、歯周病、及びその他の関連疾患がもたらす苦痛、コスト、ストレスのほうがはるかに大きいのです。

それでは、効果的に歯を磨くためには何が必要でしょうか? 

まずは適切な道具、つまり歯ブラシです(歯磨き粉もあればなおよいでしょう)。さまざまな歯ブラシが市販されているため、ちゃんと探せば目的に合うものが見つかるはずです。

次に、歯を磨くためのプロセスを理解する必要があります。幸いにも、親、歯科医、テレビ、インターネットなどを通じて、歯磨きのためのさまざまなアドバイスやガイダンスを入手できます。これにより、さらに効果的な歯磨きが可能になります。

“歯磨き”がリスク評価と何の関係があるのか?

両プロセスを比較してみましょう。歯磨きと同様、安全性と法令遵守の分野においては、リスク評価を行うことは正しいことだと考えられています。リスク評価は、深刻な悪影響を防止するためのプロセスです。定期的なリスク評価を製品の設計プロセスに組み込むことは正しいことなのです。

リスク評価を設計プロセスに組み込むことを「怠る」と、どのような悪影響が生じるでしょうか?危険やリスクを考慮に入れずに機械を設計するのは事故の元です。これまでの事故を振り返ってみても、悲劇的な事故の中には、適切なリスク評価を行っていれば防ぐことができたものも少なくないでしょう。現在でも、負傷や死亡につながる産業事故のうち、適切なリスク評価により防ぐことができたはずのものがあまりにも多いのです。

このような事故は悲惨な影響を及ぼします。深刻な負傷や死亡により、本人や遺族の人生を狂わせてしまうのはもちろん、事故の原因となった機械の設計者にもこうした事故の影響は及びます。危険な機械を製造した会社の取締役が事故の責任を負わされ、訴追され、会社が回復不能の打撃を受けることもあります。

それでは、効果的にリスクを評価するためには何が必要でしょうか?

前述の例と同様、適切な「道具」が必要です。こちらに関しても、さまざまなツールが市販されています。しかし、どうすれば目的に合ったツールを選択できるでしょうか?

さらに、こちらも歯磨きと同様に、プロセスの実行方法を理解する必要があります。どうすればそれに必要なガイダンスを入手できるでしょうか?

こうした問いへの答えはそれほど単純ではありません。適切なリスク評価ツールの選択はけっこう厄介な問題です。エクセルシートベースのツールもありますが、使用するには高度な専門知識が必要です。歯磨きの例とは異なり、リスク評価プロセスに関するわかりやすいガイダンスを簡単に入手することはできません。

「効果的なリスク評価ツール」とは、言い換えるなら「論理的な順序に従ってリスク評価を最初から最後までわかりやすく実行できるツール」となるでしょう。関連する規格を参照したり、各段階で詳細なヘルプやガイダンスを入手しながらプロセスを確実かつ正確に実行できることが重要なのです。また、リスク評価が完了したら、コンプライアンスレポートを生成して、プロセスが正常に完了したことを確認できる必要があります。

無料で使える効果的なリスク評価ツールをお探しなら、DesignSparkを定期的にチェックしてください。近日中に魅力的なニュースをお届けできると思います。

DS Electrical さんはまだ自己紹介を入力されていません...

25 Sep 2017, 10:49