Skip to main content

ミニPLC 「STG650CAN」と「STG-600」の差異。CANだけではありません!

手のひらサイズのミニPLC 「STG-600(写真上)」「STG-650 CAN(写真下)」 との違いはなんでしょうか?型番からCANバス対応可否が目立ちますが、実はもっと違いがあります。

 

製造元のBarth Elektronik社の製品紹介ページを見ると、 STG-650 CAN は多数の新規機能を搭載したと記載があります。その中の一番の目玉がCAN2.0A/Bで、本ミニPLCをディスプレイのような他のデバイスや、様々なロジック・コントローラ・ネットワークと通信することができるようになっています。

これ以外の改良について、直接Barthの技術者と話をする機会がありました。まとめると以下のような感じです。

  1. STG-650 CANは頼性の高いTTL-232 / USBインタフェースに対応。電源供給が失われた場合でも通信を保証。
  2. STG-600よりも12ビットADコンバータが強化
  3. STG-650 CANはフェールセーフアプリケーションに適した冗長オシレータを搭載
  4. STG-650 CANのハウジングがPA6.6 GFでできているため極端な耐荷重に対応

-以下の印象的なビデオをご覧ください*

STG-650 CANSTG-600の価格はほとんど同じなので、STG-650は価格面でも優れています。

 * PA6.6最新の生産バッチ以降、STG-600にGFハウジングが採用されました

DesignSpark Electrical Logolinkedin