DesignSpark Electrical Logolinkedin
  • Brought to you by
  • RS Components
  • Allied Electronics

December 23, 2016 08:46

Follow

STG-650 CAN vs. STG-600 -違いはCANバスだけではありません

STG-650 CAN とSTG-600 はCANバスの違いがもっと目立ちます。しかし、詳細をもっと見れば分かるほど価値があることが分かります。

 

Barth Elektronikの紹介では STG-650 CAN はユーザーのために多くの新しいオプションを開いたと書いてあります。一番の目玉はCAN2.0A/Bで、ミニPLCをディスプレイのような他のデバイスや、より幅広いロジック・コントローラ・ネットワークと通信することができます

また、これ以外にもSTG-650 CANにはさまざまな改良がくわえられています。Barthの技術者と話をすると、私はもっと多くのことを発見できました。

  1. STG-650 CANは頼性の高いTTL-232 / USBインタフェースを提供し、電源供給が失われた場合でも通信を保証します。
  2. STG-600に使用されているものと比較して、強化された12ビットADコンバータも備えています
  3. STG-650 CANはミニPLCをフェールセーフアプリケーションに適した冗長オシレータを備えています
  4. STG-650 CANのハウジングがPA6.6 GFでできているため極端な耐荷重を持っています - 下の印象的なビデオを見てください!!*

STG-550 CAN と STG-500を比べると以上の結果が出てきました。

STG-650 CANSTG-600の価格はほとんど同じなので、STG-650は価格面でも優れています。

 * PA6.6最新の生産バッチ以降、STG-600にGFハウジングが採用されました

none

December 23, 2016 08:46

Follow