DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

電気設計者を悩ます5つの問題

 

1.繰り返し作業による無駄な時間

一般に、電気システムの設計は大きく2つの工程からなる。1つ目は、要求にあうシステムを考え、デザインするクリエイティブな作業。もう一つは、図面や部品表の作成など、そのシステム実現に向けた雑務の繰り返しだ。一般的には、後者の退屈な作業に時間を取られてしまう。もし、コンピューターがこの退屈な作業をボタン一つでやってくれたらどんなに楽だろうか。エンジニアはもっと多くの時間をアイディアの捻出に回すことができ、よりクリエイティブなデザインが出来上がるだろう。洗練された設計ツールは、そんな願いを叶えてくれる。

解決策を読む

 

2.ヒューマンエラーが引き起こす余計な作業

忙しい毎日が続くと、いろいろなことを考えなければならなくなる。他のことで頭がいっぱいになってしまい、注意力が低下して、設計上のミスが増えてしまう。そのような雑多な環境の中で、ミスなく設計するにはどうすればいいだろうか?部品表は漏れなく記載されているだろうか?配線の番号はデザインを変えた後に変更しただろうか?人為的なミスは、いくら注意しても発生してしまうものであり、そこに時間を費やすのはとてももったいない。

解決策を読む

3.部品特性や入手性などの調べ物に追われる

利用する部品の特性を調べるのは苦痛な作業だ。多くのデータシートを調べ、様々なwebサイトを渡り歩き、部品の特性を調べるだけで、大量の無駄な時間が発生する。部品の特性だけでなく、値段や入手性も気にしなければならず、より一層手間がかかる。すでにデザインに組み込んでしまった部品に問題点を見つけ、代替品を探さないといけなくなった時などは、心が折れそうになるだろう。もし設計ツールが部品の特性や値段、入手性などを表示してくれたらどうだろう?

解決策を読む

 

 

4.部品の注文は時間がかかる

設計が終わった後、複数の業者に電話し、部品の見積りを考え、部品表とにらめっこするのは非常に面倒な作業だ。きっと誰しもが、部品の注文漏れや、同じ部品を複数注文してしまった経験があるだろう。もし設計ソフトに組み込まれている部品表をクリックするだけで、部品が簡単に注文できたらどうだろうか?面倒な作業はすべてコンピューターに任せてしまおう。

解決策を読む

5.盤の大きさを考えずに設計してしまう

制御モジュールをたくさん使う電気システムを設計する場合、どのように盤のレイアウトを考えているだろうか。もちろん、どの部品と部品が接続されているかは、誰しもが丁寧に考えて設計するだろう。しかし、それらの制御機器がどのくらいのスペースをとり、全てを収めるにはどのくらいのサイズの制御キャビネットが必要になるか考えているだろうか?現実の空間と設計が合致していないと、設計をやり直す羽目になってしまう。この無駄な時間も、優れたCADソフトなら解決してくれる。

解決策を読む

DesignSpark Electricalをダウンロード

Countless years taking things to bits to see how they tick...now Fighting the good SEO & content battle at Kempston Controls!

30 Jun 2017, 13:26