DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問
Software Defined Radio

ソフトウェア無線(SDR)では、通常はハードウェアに実装される部品をソフトウェアに実装します。ミキサー、フィルタ、変調器、復調器などがあります。

SDRは元々、携帯電話、衛星、軍事などのより高度な無線通信技術でした。しかし、比べて高い性能、小サイズ、低コストになり、また複数機能を統合するRF機器(ADC、DAC、LNA、PAなど)の登場し、身近になりました。

単純にアンテナをADC又はDACに接続して送受信を行うのが理想的ですが、実際には低雑音増幅器(LNA)や電力増幅器(PA)のほか、特定用途のアナログRFフロントエンドのフィルタリングが必要になります。また多くのシステムは、デジタルコンバータとホストコンピュータ間に位置するFPGAを利用して、デジタルアップ/ダウンコンバージョンなどの計算負荷の高い特定のタスクをハードウェアに実装します。

SDRは、次のようなメリットがあります。

  • ソフトウェア経由のアップグレードによる、将来にも対応できるハードウェアプラットフォーム
  • 複数キャリア対応のシステム経由によるハードウェア統合(multi-TRX))
  • 単一ハードウェアプラットフォームで複数の異なる無線システムに対応
  • 新しい無線システム開発の促進
  • 環境に適応可能な「コグニティブ無線」システムの開発

質問と回答

解決策を見つける

設計の難題を解き明かす解決策をお探しですか。電子設計に関する質問を参照し、コミュニティの投票で選ばれているベストアンサーを見つけましょう

質問に答える

質問に答えられるのは、エキスパートだけではありません。DesignSparkコミュニティでは、スキルレベルにかかわらず、問題の解決を支援し、コミュニティの質問に答えることができます。

質問をする

答えが見つからない難題に悩んでいる場合は、コミュニティで質問してメンバーに助けを借りましょう。

最新コンテンツ

article

ソフトウェア無線

December 28, 2016 04:34

Intel搭載のIoT向けワイヤレスマルチツール: パート1

今回、我々はアールエスコンポーネンツとIntelの挑戦を受け、モノのインターネット(IoT)の実現を、Intelの技術でどれだけ下支えできるかを検証することとなりました。採用可能な技術はもちろん無数にありますが、その中で真っ先に思いついたのは、Intel EdisonとIntel Galileoの2つのボードです。これらはIoTアプリケーションを開発するための高速オンランプを提供します。

0 comments
Related Image
article

新しいRFエンジニアは全員どこに?SDRが救出します。

50年前には、アマチュア無線が電子工学の仕組みを理解するための入門機として人気を博していました。

0 comments
Related Image