DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

精密抵抗器の豆知識

精密抵抗器に関する、今さら聞けない あんな質問、こんな疑問を、アルファ・エレクトロニクス(株)にお聞きしました。


Q: 精密抵抗器は、どんな時に必要になりますか?

A: 回路設計で抵抗器に高い精度が求められるのは、抵抗器の持つ高い精度を利用して回路全体を高精度なものにしたい場合です。例えば、抵抗器の両端電圧から抵抗器を流れる電流の大きさが求まりますが、電子回路では電圧を精度良く測ることは比較的簡単ですので、値の確かな抵抗器を併用すれば電流の値を正確に知ることができます。

 また、検出電圧が一定になるように回路を制御すれば高精度な電流源になります。数ある電流検出用の抵抗器(シャント抵抗器)の中で精密なものは理化学実験や半導体製造装置などに用いる精密電源、精密工作機械や自動車などのモータ電流検出などに使われています。いっぽう、工業用途などでは精密な温度測定に際して熱電対と測温抵抗体を用います。

 

ところが、熱電対の出力電圧は1℃当たり約40μV程度(K型熱電対)ですし、測温抵抗体も1℃の温度変化により約0.4%(白金)の抵抗変化しかありません。このためブリッジ回路を形成して高い検出感度を得るようにするのが一般的です。その場合、ブリッジの各辺を構成する抵抗器には熱電対や温抵抗体のわずかな変化を検出できる極めて高い精度が求められます。

また、オペアンプ回路などでは抵抗の値で回路の利得などの特性が決まるため、電子計測器など高精度な電子回路には高精度な抵抗器が必要です。因みに、電子回路では複数の抵抗間の抵抗値の比が重要なことがあります。その場合は各抵抗の温度係数などが揃っていることが重要であり、値そのものはあまり問題になりません。

 

Q: 精密抵抗器は値が正確なんですよね?

A: 抵抗器は製造段階でトリミングなどの手法によって….


「アルファ・エレクトロニクス(株)に聞く!精密抵抗器の豆知識」から引用。
(この続きを読む場合はこちらをクリック。)

DesignSparkの日本語サイト公式アカウントです。DesignSparkシリーズのソフト、PCB Part library、技術記事などサイト上の全サービスの管理を行っています。

22 Sep 2017, 11:11