DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

PLC - スマートな産業用コンピュータ

By Amphenol ICC

プログラマブルロジックコントローラ(PLC)は、産業用と商用で使用されるデジタルコンピュータである。PLCは多くの入力機器に使用されており、定義済みのプログラムのもと動作する。
これは、従来のリレー論理回路の高度な形式とみなされている。なぜならPLCは「プログラマブル」で、アプリケーションの要件に応じてそのプログラムを変更できるため、配線変更による危険を回避することができるからだ。また特徴として、PCとスマートフォンが複数のプログラムを処理できる一方、PLCは単一かつ定義済みのタスクを実行するように設計されている。

通常のコンピュータのように、PLCもまたプロセッサ・バス・I/Oモジュール・プログラミングユニット・メモリを持っている。
プロセッサはデバイスの中核だ。入力を処理した後プログラムを調整し、出力デバイスへコマンドを送信する。プロセッサは論理演算、算術演算、コンピュータインターフェースなどの機能を実行する。バスはPLCへの通信経路だ。PLCは既にプログラムされた論理に基づいて動作するように設計されているため、バスは、データをバイナリ形式でコントローラに送信する。このデータは、処理されるデータとともにメモリに記憶される。そしてI/Oモジュールには、センサーのような入力装置や、ソレノイド・モーターのような出力装置をPLCへ接続するインターフェースが含まれている。

モジュール式から統合式まで、PLCにはいくつかのタイプがある。またPLCは極限環境でも機能するように設計されていて、高温・振動・高湿度といった環境に耐えられる。一般にPLCソリューションは、PLCのコントローラが入出力インターフェースを持ち、複雑なシステムを制御できるため、費用対効果が高い。

Amphenol ICCは、PLCをサポートするための多くのソリューションを提供している。データ転送ユニットとネットワーク内の他のシステムとの通信をサポートする、USB・モジュラージャック、D-Subsなどのコネクタを扱っている。Amphenol社の BergStak® 0.8mmやMillipacs®メザニンコネクター(メザニン:メモリの2Slotを縦に積み重ね、中二階のように構成する技術)といったソリューションは、PLCの内部のマザーボードへの、アドインカードを通したインターフェースでの接続を可能にする。Amphenol ICCは、Minitek®2.0mm、Minitek®Pwr 3.0および4.2といった、ワイヤおよびボード間の接続に対するソリューションを提供している。これらのコネクタは、スタックの高さと、重ねるPCBの数に応じて自由にカスタム可能であるように設計されている。 この設計により、PLC内の複数のアプリケーションのサポートに再利用できる柔軟性が実現されている。

Jennifer Corba is Amphenol ICC’s global channel marketing manager responsible for the direction and execution of the company’s distribution marketing efforts. With more than a decade of experience in the electronic components industry, she develops and oversees integrated marketing strategies that support and accelerate product positioning while increasing sales and mindshare throughout the channel.

4 Jul 2019, 2:48