DesignSpark Electrical Logolinkedin
  • PCB Part Library 使い方 (KiCad編)

PCB Part Library 使い方 (KiCad編)

こちらでは、完全無料の基板CAD用ライブラリ(回路図記号やフットプリント)の提供サービス「PCB Part Library」の使い方について紹介していきます。

PCB Part Libraryのセットアップ方法

こちらの動画に従って、まずセットアップを行ってください。

KiCADでの使い方

PCB Part Libraryは、KiCADの部品ライブラリとしてもご利用いただくことができます。ここでは、その手順について説明していきます。(参考

      1. まず、Library Loaderを起動し、ECADツールをKiCAD EDAに変更します。
        KiCad2
      2. Settingボタンを押し、ライブラリのディレクトリを確認します。このライブラリに実際にダウンロードしてきた部品が追加されていくことになります。
        KiCad3
        KiCad4
      3. 英語の説明ページが毎回表示されてしまうので、Show Library Import Instructionsのチェックを外します。
        KiCad1
      4. KiCADを起動して、コンポーネントライブラリエディタを開きます。
      5. メニューの[設定]>[コンポーネント ライブラリ(L)]を選択します。
      6. コンポーネントライブラリで[追加]ボタンを押します。ここで先ほど項目2で説明したSamacSysのKiCADライブラリを指定します。
      7. [OK]を押してウインドウを閉じます。
      8. 続いて、[フットプリント エディタ]を起動します。
      9. メニューの[設定]>[フット プリントライブラリ ウィザード(F)]を選択します。
      10. [このコンピュータにあるファイル]を選択し、[Next]をクリックします。
      11. 先ほどと同じライブラリのディレクトリを指定し、SamacSys_Parts.modを選択します。
      12. そのまま[Next]で次の画面へ移ります。
      13. [グローバルライブラリとして設定]を選択し、[Finish]を押します。
      14. PCB Part Libraryのサイトから必要なパーツを検索します。
      15. 必要な部品のECAD Modelの項目を押します。
      16. Membersのダウンロードボタンを押します。ただし、初回には、PCB Part Libraryに登録したメールアドレスとパスワードの入力が必要です。
      17. ファイルがダウンロードされ、ライブラリに指定のパーツが追加された旨がウインドウとして表示されるので、[OK]を押します。このときダウンロードされるZipファイルは解凍する必要はありません。
      18. KiCADの回路図エディタを開き、[設定]>[コンポーネント ライブラリ(L)]を選択し、SamacSys_Partsを選んで[OK]を押します。この作業はライブラリの更新を行うために必要です。

      19. メニューの[配置]>[コンポーネント(C)]を選択します。
      20. ライブラリの中から"SamacSys Parts"を見つけ開くと、ダウンロードした部品が追加されているはずですので、こちらを選択し、[OK]を押します。
      21. これで部品を配置することができます。

 

 Eagleでの使い方

基板CADソフトEagleでの活用方法について動画でご説明します。