Skip to main content

複数シートにまたがって、回路記号を配置するような回路図の描き方!

0

大規模な回路設計の場合、1つの部品を複数の回路記号に分割し、別々のページに配置するような回路図を描くことがあります。例えば複数の記号で構成されたマルチゲート電子部品を、回路図の1ページ目と2ページ目にまたがって配置したい場合があります。

この記事では、そういったマルチゲートコンポーネントのマルチシート回路図への配置方法の手順について解説します。

具体的な手順は以下の動画を参照ください。

手順は動画からわかるように、難しくないです。

要約

マルチゲートコンポーネントのゲートをシート間で共有する。

1. 必要なコンポーネントのゲート記号を回路図に追加します。この時、未使用ゲートの配置を途中でキャンセルすると、未配置ゲートがインタラクションバーのComponent Binに格納されます。

2. 同様に別ページで、再度そのコンポーネントを配置し、未使用ゲートをComponent binに格納します。

3. これらのゲートを同じコンポーネントとして設定するために、2枚目のシートのU2の「プロパティ」でリファレンス名を「U1」に、ゲートを「b」に、それぞれ書き換えます。これで2枚目のU2a だったゲートが、U1bとしてリンクされます。

4. 最後に、未使用のコンポーネント「U2」は2枚目のシートから削除します。

上の例のU1のゲートを他のシートにも使用する場合は、必要に応じて繰り返します。

RS Components / Allied Electronics Support for DesignSpark PCB

Recommended Articles

DesignSpark Electrical Logolinkedin