DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

子ども見守りシステム

開発背景

近年,共働き世帯は増加している傾向にある.共働き環境の課題として,親が子どもの様子を把握できないことと,親子のコミュニケーションの機会が減ることが挙げられる.コミュニケーションに関しては携帯を子どもに持たせることで解決できるかもしれないが,小学生などのまだ情報リテラシーが身についていない子どもにインターネット接続できる機器を持たせることに同意できない家庭も多い.また,端末の購入費や維持費が経済的な負担となってしまう問題もある.

目的

「子ども見守りシステム」は,親がもつAndroid端末からアプリを通して,ラズベリーパイやセンサ群からなる据置端末にアクセスし,子どもを見守り,親子間のコミュニケーションを支援することを目的とした.

システム概要

システムは親が持つAndroid端末と家に設置し子どもが使う据置端末から成る.据置端末は,ラズベリーパイとセンサ群(Webカメラ・スピーカ・操作ボタン)で構成されている.据置端末からは,カメラを用いて家の様子のストリーミング配信や写真の送信が可能である.また,子どもが操作することを考慮して,3つの操作ボタンのみで操作できる構成となっている.

Android端末にインストールするアプリからは,据置端末のカメラ映像のストリーミングの再生やボイスメッセージの録音と据置端末への送信・据置端末で撮影された映像の確認を行うことができる.

システムの機能としては「見守り配信」「ボイスメッセージ」「写真送信」の3つを実装した.

見守り配信

据置端末では,motionというLinuxで起動するストリーミング配信に用いるソフトウェアを起動しておく,そしてAndroidアプリでは,motionの起動しているラズベリーパイのIPアドレス・ポート番号にアクセスし表示する.

用途として,子どもの様子を見守ったり,台所など子どもにとって危ないものがある場所が気になったときに遠隔で親が確認することを想定している.

ボイスメッセージ

Androidアプリで録音した音声ファイルを据置端末へ送信し,据置端末のスピーカから再生することができる.再生は,据置端末のボタンを押したときに受信済みのボイスメッセージがあれば再生を行う.しかし,単純な操作に制限しているため,最新のボイスメッセージのみの再生となり,過去のボイスメッセージなど任意のものを選ぶことはできない.メッセージを再生するのが小学生以下の子どもを想定しているため,複数のメッセージを一度に再生することを想定していない.

ボイスメッセージ機能に関しては分かりづらいためデモ動画を撮影したので,よければご覧ください.

写真送信

据置端末のボタンを押下で接続されたUSBカメラの映像をキャプチャし外部公開用のフォルダに保存する.据置端末では,ApacheというWebサーバを起動しておき,特定フォルダ内のファイルを外部に公開している.WebAPIとして,最新5件分の保存した写真の公開URLを返すようにしているため,Androidアプリからは,据置端末のWebAPIにアクセスして,写真のパスを取得し,そこからまだ取得していないファイルをダウンロードすることができる.

今後

現在,見守り配信の機能は映像のみとなっているため,今後音声のストリーミング配信ができるようにしたい.そうすることで,親子間での通話が可能になり,一層コミュニケーションツールとして活用できると考えている.

また,ストリーミング配信の機能は,実験的に実装したため,実際に運用することを考えると,限られたユーザからのみアクセスできるように認証機能を追加する必要がある.

Mori2 さんはまだ自己紹介を入力されていません...

1 Jul 2019, 2:01