DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

DSMを使ってRaspberry Pi Model B+のケース作成 (1)

こちら(中文)のページの翻訳です。

RSの提供する3DCAD、DesignSpark Mechanicalを使用して最新のRaspberry Pi Model B+のケースを作成します。最終的には実際にプリントし、使用しました。合計2つのパーツと4本の取り付けネジで構成されています。

準備

1 Raspberry Pi Model B+本体

2 正確に寸法を測定できる工具(ノギスなど)

3 DesignSpark Mechanical

①Raspberry Pi Model B+の寸法測定

4つの穴の位置、ボードのサイズ、厚さや各パーツの高さ、間隔などケースを作成する上で必要な寸法を測定してください。もちろん、RSのホームページからRaspberry Pi Model B+の3Dモデルをダウンロードしてその数値を使用しても構いませんが、実際に測定することをおすすめします。僅かなズレなどで印刷したはいいものの、取り付けることができなくなる可能性があります。

第二部分:投影機能を用いて設計基準位置を決める

設計基準位置を定めます。以下の画像をご覧ください。

投影面を選択し、投影を実効。適切な場所に投影してください。

B+の裏面を投影

投影面の縁と穴の位置を残してください。

立体化させ、試しにRaspberry Piに取り付け、穴の位置や寸法が正しいかを確認してください。

角を丸め、穴の周辺を画像のようにしてください。

title

これで下部は完成です。

支柱と側面を作成します。

投影機能を用いてUSB端子など各パーツ部分に穴をあけます。

他の面も同様にして穴をあけてください。

完成したら上部と下部を分離してください。

最後に上パーツに蓋をして外形は完成です。

DSMを使用してRaspberry Pi Model B+のケース作成(2)

 

DesignSparkの日本語サイト公式アカウントです。DesignSparkシリーズのソフト、PCB Part library、技術記事などサイト上の全サービスの管理を行っています。

15 Dec 2014, 5:55