DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

パソコンと産業用PLCネットワークの連携

パソコンとPLCの統合で製造プロセスを加速

 

生産現場のPLCをパソコンと連携させることで、受難なデータ収集・分析システムが構築でき、高品質・高精度にカスタマイズされた複雑な製造プロセスを構築することが可能となります。

例えば、過酷な作業環境で使用されるCNC工作機械を考えてみましょう。PLCは加工具やテーブル移動の複雑な制御を高精度で正確に行えます。このように複雑・高精度・反復な製造ステップの実行でPLCはその実力を発揮します。

title

 

一方、PLCは短期的なシーケンス制御には優れているものの、長期間にわたるデータの分析・解析やそこから導かれる予見などでは力を発揮することが出来ません。

この様な場合、PLCをパソコンと連携させることで、両方の機能を導き出すことが可能となります。lパソコンは、CAD/CAMアプリケーションで複雑な次元解析を行うのに必要な処理能力を持ち、RS-232やイーサネット接続など標準I/Oポートのレガシーインターフェイスを備えています。さらに、拡張できるソフトウェアライブラリは数え切れないほどあります。

パソコンの広範囲なネットワークにPLCを中心とした生産ラインを連携させることで、ソフトウェアソリューションを活用して生産計画、追跡、トレーサビリティ、スケジュール設定などを最適に保つことができます。CAD/CAMアプリケーションツールを使えば、PCで加工仕様に従って正確な命令を長時間実行可能です。これらすべてにより、生産ラインの最適化を進め、最終的には会社の利益向上に貢献することができます。

 

課題となるのが、独自のI/Oを持つ工作機械を実行している既存のレガシーPLCを簡単に置き換えられないことです。どうすれば、PCベースの機能を統合し、既設のレガシーハードウェア/ソフトウェアを維持し、必要な将来の要件に対応できるでしょうか?

一例となるのが、BrainboxesのED-204イーサネットスイッチです。これは、デュアルポートイーサネットスイッチ、イーサネット-RS-232インターフェイス、イーサネット-4チャネルデジタルI/Oを組み合わせたコンパクトな3イン1ソリューションです。

 

ネットワークレベルと管理レベルで、Windows COMポートドライバを使用してこのモジュールを設定・監視・制御でき、Windowsプラットフォームへのインターフェイスによってレガシーソフトウェアのサポートが可能になります。ポートはLabView、MATLAB、Agilent VEEなどの業界標準のPCパッケージと互換性があるため、既存の開発・プロセス制御システムを継続して活用できます。

ED-204スイッチはコストがかからず、簡単に統合でき、レガシーアプリケーションの能力を大きく向上させます。

 

ED-204やその他のBrainboxes製データ収集ソリューションをRS Onlineでご覧ください。

  title