DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

DesignSpark IoTクラウドでDesignSpark IoTキットを試す! パート1: 何ができる?

先日、DesignSparkが新たに提供するIoTデータプラットフォームである「DesignSpark IoT クラウド」がリリースされた。これに伴い、様々な大気の情報を収集するのに役立つDesignSpark IoTキットの発売が開始する。今回運よく先行的にこのキットを入手することができた。本記事ではこのキットを例にDesignSpark IoTクラウドの利用方法について紹介しよう。

DesignSpark IoTクラウド

DesignSpark IoTクラウドはAllThingsTalkをベースとしたIoTデータ収集プラットフォームだ。

https://designspark.allthingstalk.com/

IoTのデータを収集できるサービスにはThingSpeakを始め様々なものがあるが、DesignSpark IoTクラウドの特徴は「情報のシェア」だ。例えば世界各地の大気の情報を収集し、それらを可視化することで世界全体の大気や、自分が住んでいる地域の大気の情報を比較し、知ることができるのだ。メイカーたちがそれぞれ同じ目的をもったコミュニティを作成し、そこで様々なデータの共有の実現をサポートする。

それではこのDesignSpark IoTクラウドでどんなことができるのか紹介しよう。

まずDesignSpark IoTクラウド上のコミュニティのPinboardでは世界各地のユーザーが登録しているセンサの情報をマップに見ることができる。

現在は数が少ないが、このように各地のデバイスを見ることができる。ここで、日本のピンを選択してみよう。

このように現在、もしくは最新の各端末の状態を確認し、その端末の過去のデータを様々な形で見ることができる。さらに、複数のデータの組み合わせや、表示する範囲や間隔のカスタマイズ、データのCSV形式での出力にも対応している。次にいくつかその例を紹介しよう。

温度センサの値を棒グラフで表示した例

朝6時にかけて温度が低下し、その後上昇している。日の出の時間の推測などができるだろう。

 

湿度、二酸化窒素、温度を同時に表示した例

メタン、ブタン、プロパンを同時に表示した例

また、このように大気のガスの記録も見ることができる。関係するグラフを同時にプロットして表示することで、現在そこで何が起きているのか、こうした実際の測定データをもとに調査することができる。

今回、これらのデータはこれから説明するIoTキットを利用して収集している。

DesignSpark IoTキット

DesignSpark IoTキットはDesignSpark IoTクラウドを試してもらう最適のセットになっている。

まだこの記事を執筆時には発売が開始されていないが、先行的に入手することができたので紹介しよう。

キットには以下が含まれている。

  • MCU ボード: Seeed Wio
  • Grove マルチチャネル Gas Sensor
  • Grove 気温&湿度センサ Pro
  • マイクロUSBケーブル

これらのセンサを利用すると以下の情報収集が可能になる。

  • 気温
  • 湿度
  • 一酸化炭素 (CO)
  • 二酸化窒素 (NO2)
  • アンモニア (NH3)
  • メタン (CH4)、ブタン(C4H10)、プロパン (C3H8)
  • エタノール (C2H5OH)
  • 水素 (H2)

 

これらを組み合わせ、完成する全体の仕組みのイメージは以下のような感じだ。

「Grove」という規格でWio Linkボードに接続した各センサから様々な大気の情報を収集し、WiFiを通してインターネットへと送信される。なお、MQTTというプロトコルが利用されている。

Groveコネクタについて

今回利用する各種センサは「Grove」というコネクタの規格になっている。簡単にセンサなどを繋げることができ、様々なプロトタイピングが可能にしてくれる優れものだ。

Raspberry PiにはGroveのコネクタはないが、GPIOピンをGroveが利用できる形に変換してくれるボードも存在している。

詳しくは以下のSeeedのwebサイトをチェックしてほしい。

http://wiki.seeedstudio.com/Grove_System/

次へ

今回は、新たにリリースされたDesignSpark IoTクラウドでいったい何ができるのか、またそのキットについて紹介した。

DesignSpark IoTクラウドに登録すれば、世界各地のデバイスの情報を見ることができる。さらにIoTキットを利用すれば、例えばオフィスのガスセンサの値から、社員が感じているストレスや、午後の眠けの原因が特定でき、その解決策も見つかるかもしれない。また近年は中国の大気汚染問題も顕著になっている。他国や地域との比較を行うなど、こうしたビッグデータ分析の足掛けになるはずだ。

さらに、災害時や被害予測など目的で、各地方のメイカーたちが協力して水位や水量センサなどを設置し、情報を共有することも可能だ。こうしたメイカーたちをデバイスベースでつなげてくれるのもDesignSpark IoTクラウドなら実現することができる。その使い方は自由だ。

次のパート2では、このIoTキットの具体的な利用の手順について見ていこう。

必要な手順はすべてで7ステップだ。

  1. DesignSpark IoTクラウドのアカウントの登録とデバイスの追加
  2. Arduino IDEのインストール
  3. Arduino IDEへのWio Linkボード開発ライブラリの追加
  4. Wio Linkボードのドライバの確認
  5. DesignSpark IoTキットのライブラリインストール
  6. Wio Linkボードへのデータ収集を行うプログラムの書き込み
  7. 情報を共有するためコミュニティへ登録

 

パート2はこちら

Hi, Everyone. I'm master 2nd grade of University of Electro-communication, and work at DesignSpark. Also, I always check and translate some articles here. My major is about LoRa/LoRaWAN, IoT, CAN(Controller Area Network), these Security, etc. Please contact me, don't hesitate. My region: information science, radio, network, iot, iiot, security, lora, lorawan, 802.11ah, etc.

15 Dec 2018, 7:31