Skip to main content

Peltor IIIで騒音環境でも聴覚保護しながら会話が可能に

billd700
0

騒音環境で働くとき聴覚保護具を着用する必要があるが、同僚と会話も必要だ。そこで会話をするためにイヤーマフ(聴覚保護具)を取り外すだろう。しかし、それでは防ごうとしていた騒音にさらされてしまうという問題に直面していまう。

Lift_to_listen1_a043787ee21c91c5573b1d6a3ab0678530a96cd2.jpg

 騒音による難聴は年齢関係なく誰にでもあることだ。去年、イギリスで騒音に関わる環境で働いたことでNIHLにかかった人が20,000人にのぼった。#1

聴覚障害はほかの障害とは異なる。もし傷つき痛みを感じれば、何が起きたのか覚えておき、障害を取り除き、今後同じことが起きないようにするが、難聴は違う。

そこで、騒音の被害について以下にまとめる。

  • 難聴は怪我をしないので、騒音によって耳が傷ついてる間も痛みを感じない。
  • 耳は大きな騒音を遮断することはできず、自分で防がないかぎり、すべての音が耳に届く。
  • 騒音は目に見えないため、危険性や被害をみることは不可能である。
  • 難聴はゆるやかに進行し、何年もたってから発症し、異変に気づいた時にはもう遅い。

聴覚は騒音か心地の良い音かどうかは関係なく大きな音によって傷つき、一度傷つけると同じように聞くことができないかもしれない。

身の回りの音とそれらの影響について理解するために、以下のビデオを見てもらいたい。


まわりの人々と会話をするために聴覚保護具をはずす危険性とそのリスクについて語られている。そういったリスクを軽減する手段として3Mによる PeltorTM ProTac  III range が有効だろう。

Peltor1_fb9ced1e74c315fe2f12eceb8b561a7ebb4d1d7c.png

The ProTac III Headsetsは周囲の音の対応する機能が特徴的だ。有害なノイズを遮断しながら、会話、機械音、警告音などを聞き取ることができる。これによって作業に専念しながら、聴覚保護具を取り外さずに同僚と会話することができる。アラームや警報、車の後退時の警告音などの方向を限定して聞くことができる。さらにスマートフォンからの音声を再生させることもできる。

  • スリムヘッドセット – ヘルメットアタッチメント - MT13H220P3E 25dB (123-8887)
  • スリムヘッドセット – ヘッドバンド - 2MT13H220A (123-8886)
  • ヘッドセット – ヘルメットアタッチメント - MT13H221P3E - (123-8889)
  • ヘッドセット – ヘッドバンド - MT13H221A 32dB (123-8888)

 

外部ソース:

#1 Reported on HSE website: http://www.hse.gov.uk/statistics/causdis/deafness/index.htm

All other information and images from 3MTM

DS-Banner---PPE_7d2a9b106a7710a3d3c5a1ab61af69bb159fb66b.jpg

DS_Safety_Twitter_e03c4a9adba4a0fd193da20e81f281f7bef22e58.jpg

With a background in electronics and electrical engineering, with a keen eye on innovation and how things work.

おススメ記事

DesignSpark Electrical Logolinkedin