あなたは%country%にお住まいのようですが、言語設定を%language%に切り替えますか?
Switch to English site
Skip to main content

【DSPCB Pro】フィデューシャルマークの作り方

今回は、プリント基板を作成する際、基準マーク(フィデューシャルマーク)を簡単に追加するために、PCBのみの部品としてライブラリに登録していきます。

以下で説明する簡単な手順では、"Pad Style Exceptions"を用いて作成したパッドを使用しています。まだ作成していない方は、"【DSPCB Pro】フィデューシャルマークを作成するために、例外的なパッドスタイルを使用する"の記事をお読みください。1つ注意ですが、この例外的なパッドスタイルをDesign Technologyファイルに保存する必要はなく、上記の記事で詳しく説明されているように、パッドスタイルを作成し、その後直接基準マークを含んだ部品を作成すれば問題ありません。これによって、Design Technologyファイルがかさばることはなくなります。

"PCBだけの"部品を作成するために、まず、PCBシンボルを作成します。

"Library Manager"を起動します。"PCB Symbols"タブを選択後、シンボルを保存するライブラリを選び、"New Item"ボタンをクリックします。

Select PCB Symbols in Library Manager

すると、シンボルエディタが開くので、"Add Pad"を選択し、ショートカットキーの"S"を使って"Pad Styles"ウィンドウを起動します。前回作成した基準マークのパッドスタイルを選択し、"OK"をクリックします。

In symbol editor, select "Add Pad"

ここでは、"Allレイヤー"シンボルができました。これではトップレイヤーやボトム(bottom)レイヤーと独立して基準マークが配置されてしまうため、レイヤーを[Top]に変更します。今回は[Top]にしましたが、設計の際に必要に応じてボトムレイヤーに配置することも可能です。シンボルを選択した状態で、ショートカットキーの"L"を使い、ドロップダウンメニューから[Top]を選択し、"OK"をクリックします。

Select top layer

必要なパッドシンボルが作成されたので、"PCB Symbols Library"に保存します。"File" > "Save To Library..."から、保存するライブラリーを選択し、シンボルに名前を付けたら、"OK"をクリックします。

Save To Library and select the destination Library

PCBシンボルとして基準マークを保存したので、次は基板設計に使用するために"PCBだけの"部品を作成します。

"Library Manager"を起動し、"Components" タブを選択後、保存先のライブラリを選び、"New Item"ボタンをクリックします。

Launch the Library Manager and select the "Components" tab

すると、"New Component"ウィンドウが開きました。

PCBだけの部品を作成するので、回路図シンボルのチェックを外し、先ほど作成した基準マークのPCBシンボルを選択します。また、作成する部品の名前と説明も入力してください。次に、デフォルトのパッケージ名とデフォルトのリファレンスを入力します。プルダウンリストから選択することも可能ですが、新しい値を入力するとその値がリストに追加されます。"OK"をクリックすると、"Component Editor"ウィンドウが起動します。

Fill in new component fields

回路図シンボルやピンマップがないため、"Component Editor"ウィンドウは基準マークのフットプリントを表示するだけになります。

右クリックで"Properties"を開き、"Component"タブ内の基準マークに関係ないチェックボックスのチェックを全て外します。

uncheck all the checkboxes in properties

基準マークの部品をライブラリに保存します。

save the fiducial component to your library

これで他の通常の部品と同じように"Add Component"から基準マークを選択し、PCB編集画面に配置することが可能になりました。"相対的な原点"を基準点に設定し、ショートカットキーの"="で基準マークを正確な位置に配置すること可能です。また、ボトムレイヤーに基準マークを配置したい場合は、ショートカットキーの"F "を使って反転させることができます。ここまでの手順に沿って作業することで、異なる大きさの基準マークを作成したり、必要に応じてターゲットマークのようなパッドスタイルを使用することも可能になります。

You can use other pad styles such as Target

RS Components / Allied Electronics Support for DesignSpark PCB
DesignSpark Electrical Logolinkedin