DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

DesignSpark PCB; 新規部品の追加方法 (ライブラリの作り方)

DSPCBでの新規部品の追加の方法

DSPCBで新しい部品を使って設計をしたい場合、その部品の「コンポーネントライブラリ」を作成する必要があります。このコンポーネントライブラリは、「回路記号ライブラリ」と「フットプリントライブラリ」の組合せで定義されます。(ライブラリの構成の詳しい内容はこちらをご覧ください。

つまり、全く新しい部品のコンポーネントライブラリを作成するには

  1. 回路記号ライブラリの作成
  2. フットプリントライブラリの作成
  3. コンポーネントライブラリの作成

の3つのステップが必要となります。

具体的な手順としては、[Wizard]を使う方法と [New Item]を使う方法の2つの方法があります。[Wizard]は、ある程度汎用的なモデルを作る場合に質問に回答していくことでライブラリを簡単に作り上げていくツールです。一方 [New Item]は、まったく0の状態から自由にライブラリを作る方法で特殊形状のライブラリの作成に向いています。

今回は、この2つの方法をご紹介します。

1.  [Wizard]を使う方法

今回、いかの部品のライブラリをWizardで行ってみます。

まず、[Compornents]タブを選択します。新しいライブラリファイルを作成するために[New Lib…]を選択します。ライブラリファイルの名前を入れてください。

 [Wizard]をクリックして、コンポーネントウィザードを開きます。

 

1.1  Start

[次へ]を押す

1.2  Type

作成するコンポーネントのタイプを次の3つのうちから選択できます。

  • Normal Component: 回路記号とフットプリントの両方のデータを持っている
  • PCB only Component :フットプリントのみ。回路図に表記されないピンヘッダなどの部品用
  • Schematic only Component :回路記号のみ。電源やグランドや図枠など。

1.3  Detail

コンポーネントの情報を登録します。 まず、RS Number(RS製品の商品番号)、 Compornent(コンポーネントの名前)、Package(パッケージタイプ)、Default(リファレンス名)を登録してください。次に端子の数を入力します。最後に回路記号上でのゲートの数を入力します。

(RS Numberが不明な場合は、空欄で大丈夫です。)

 

1.4  Schematic Symbol

どの回路記号を使うかを選択します。

 

 

1.5  PCB Symbol

どのフットプリントを使うかを選択します。

 

 

1.6  Assign Pins

端子の割り当てを行います。[Assign 1 to 1]を押すことで、簡単に端子の割り当てをすることができます。

 

 

1.7  Finish

コンポーネントをライブラリに保存するか、今すぐ作成するかを決めます。

 

以上でWizardで部品が作成できました。

2.  [New Item]を使う方法

次に[New Item]を使う方法です。まず、コンポーネントライブラリの作り方を説明し、次に回路記号ライブラリとフットプリントライブラリの作り方を説明します。

回路記号ライブラリとフットプリントライブラリをウィザードに従って作成します。その後、それらを組み合わせてコンポーネントライブラリを作成します。

2.1  コンポーネントライブラリの作成

次に[Compornents]タブを選択します。新しいライブラリファイルを作成するために[New Lib…]を選択します。

ライブラリファイルの名前を入れてください。

[New Item…]をクリックしてください。

 

2.1.1  コンポーネント名、コンポーネントの説明文、パッケージタイプ、リファレンス名を入力してください。

 

2.1.2  組み合わせる回路とフットプリントをそれぞれ選びます。Gates(回路記号のゲートの数)を指定ができたら[OK]を押してください。回路、PCBどちらかのみのコンポーネントを作りたい場合は、要らない方のチェックを外してください。

2.1.3  既存の回路記号をさらに追加する場合は、Add Gateアイコンをクリックします。追加したい記号を検索し、追加するゲートの数を入力してください。

 

2.1.4  記号の追加をプレビューで確認した後、「Assign Pins」アイコンをクリックしてください。回路記号側の端子と割り当てたいフットプリント側の端子を順に選択してください。

 

2.1.5  「Properties」アイコンをクリックしてメーカー名や品番を設定してください。

 

2.1.6  Saveアイコンをクリックして、ライブラリを指定して保存します。

 
これでコンポーネントができました。ここからは、コンポーネントを構成する回路図記号とフットプリントのライブラリを作っていきましょう。

 

2.2  回路記号ライブラリの作成

まずライブラリマネージャで[Schematic Symbols]タブを選択します。新しいライブラリファイルを作成するために[New Lib…]を選択します。ライブラリファイルの名前を入れてください。

[Wizard]をクリックして、Symbols Wizard(回路記号を作成するウィザード)を開いてください。ここからは、ウィザードの指示に従って作っていきます

 

2.2.1  Start

 [次へ]を押す

 

2.2.2  Technology

Use Technology File(今回はdefault.stfを選択)、Units (単位)、Precision (精度)を選択します。

 

2.2.3  Type

記号の形状、Origin(座標原点 図の点S)、Component Name Position(リファレンス名の位置 図の点R)を設定します。

 

2.2.4  Styles

回路に使われる線の大きさ、表示する形式を変更できます。

 

2.2.5  Pins

Pins on left (ピンの端子の数)、Distance between pins (間隔) Width across symbol (記号の幅)、Length of pin ‘leg‘(ピンの足の長さ)を決定します。

2.2.6  Finish

回路記号の名前と先ほど作った保存先のファイルを指定します。

これで回路記号ができました。

2.3  フットプリントライブラリの作成

次に[PCB Symbols]タブを選択します。新しいライブラリファイルを作成するために[New Lib…]を選択します。

ライブラリファイルの名前を入れてください。

[Wizard]をクリックして、Footprint Wizard(フットプリントを作成するウィザード)を開いてください。

 

2.3.1 Start

[次へ]を押す。

2.3.2  Technology

Use Technology File(ここではUse Technology Fileをチェックする必要はありません)、単位、精度を選択します。

 

2.3.3  Type

記号の形状、座標原点、リファレンス名の位置を設定します。

 

2.3.4  Pads

端子の数、形式、コンポーネントのサイズ、原点、リファレンス名の配置を設定できます。コンポーネントのサイズについては部品のデータシート等に記載のあるパッケージ図面を確認しましょう。

2.3.5  Silkscreen Shape

シルク表記の有無、場所の指定、記号の有無、シルク表記のレイヤーの指定、端子からの距離、ノッチサイズを指定します。

 

2.3.6  Placement Outline

部品形状の表示指定、使用するレイヤー、外側の端子からの表示までの距離を指定します。

 

2.3.7  Finish

フットプリントの名前と保存先のファイルを指定します。

 

  これでフットプリントができました。

2.2、2.3で作ってきた回路図記号、フットプリントを2.1のように組み合わせることで、部品を作ることができます。

Reohimi さんはまだ自己紹介を入力されていません...

12 Mar 2019, 6:33