DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

モビリティーデータの未来

EUでは、すべての新車にeCallの取り付けが義務付けられた.重大な事故が発生すると、eCallが自動的に112 (ヨーロッパの緊急電話番号)に電話をかけ、車両の位置、事故の時刻、移動の方向を報告する(高速道路では特に重要)。そして緊急サービスオペレータは車内のeCallマイクを使用して乗員との会話を試みる。システムは携帯電話ネットワークを使用する。こうした場合の通信は、他のデータユーザーより優先される。オペレータがこのデータを使用するトレーニングを受けていれば、救急隊員が現場に駆けつけるまでの時間が短縮され、その結果、人命が救われ、多くの怪我の重症度の軽減につながるのだ。

eCallは通常は「スリープ」状態にあり、自動車が事故を記録したときだけ(エアバッグの作動など)オンになる。このシステムで、緊急時以外での車両追跡や車内会話の「盗み聞き」を行うことはできませんが、自動車メーカーが提供する他のSOSシステムは休眠しないので、車両を追跡することはできる。

プライバシーとセキュリティの問題はさておき、すべての自動車に搭載され、1つの巨大なデータベースにリンクされたGPS追跡システムは、非常に有益なデータを提供する。混雑の経時的変動を追跡し、全車両を1つの迂回路に誘導するのではなく、誘導する経路を変えることで、渋滞を防止するようなことが可能になる。

事故多発地点を認識し、それに従って公共計画やポリシーを策定できる。現在、計画当局はこうした場所の報告について保険会社や緊急サービスに頼らざるを得ない。

車両の位置データとすべての公共駐車スペースを分析して相関させれば、どこにどのくらいの時間駐車したいかをパーキングアプリで指定するだけで、空きのある最も安い駐車場を見つけることができるようになる。駐車場では自動的にドライバーに課金することも可能になり、その場で駐車料金を支払って駐車券を貼り付ける必要がなくなる。

保険会社も現在の保険システムを変え、走行距離で課金したり、いつどこを走るかで料金を変えたり、運転の仕方で料金を変えることさえできる。したがって、保険に人を追加するのが簡単になるため、自動車は商品というよりもサービスとしての度合いが強くなるだろう。多くの自動車は毎日1時間程度しか使われません。残りの23時間はカーシェアリングに使われる方が有益である。

自動運転車は運転する必要性をなくしますが、すべての「運転」車を廃するに足るインフラストラクチャー、民意、政治的意思が整うのはまだ何十年も先の話だ。

自動車の動力は化石燃料から電気へと移行しているため、燃料税による税収が減少している。それを埋め合わせるため電気に課税すれば、自動車は使用しないが、家を温めるために電気が必要な人に不公平です。多くの道路が有料道路になるか、運転距離(又はエンジンの走行距離)に応じて課税されるかもしれない。

このすべてが、そして恐らく今後10年以内に、携帯電話ネットワークとGPS衛星が稼働している限り、実現なるだろう。その結果、膨大な量のデータをリアルタイムで集収し、分析することが可能になる。

I am an inventor, engineer, writer and presenter. Other stuff: Royal Academy of Engineering Visiting Professor of Engineering: Creativity and Communication at Brunel University London; Founder of the Guild of Makers (www.guildofmakers.org); Fellow of the Institution of Mechanical Engineers and have a PhD in bubbles; Judge on BBC Robot Wars.

24 Feb 2020, 2:40