DesignSpark Electrical Logolinkedin
Menu 検索
フォーラムで質問

スマートシティの接続性

接続手法の再考

過去100年間、ユーティリティシステムや公共サービスにおけるワイヤレスコントロール/監視テクノロジーの進歩により、都市の運営形態は変化してきました。そして今、私たちは都市のコンセプトを再考するという重大なターニングポイントに差しかかっています。

著者: Bruce Bishop、Fellow、Antennas、Data and Devices 
Nicholas Langston、Senior Manager、Business Development、Communications Solutions

スマートシティというコンセプトは、人々が日々利用しているサービスを統合するための多くのアイデアを新たに生み出しています。現在、2、3年前には想像すらできなかった利便性や安全性・効率をもたらすソリューションがいくつも登場しています。ワイヤレス通信と多種多様なセンサによって実現されるこのかつてない接続性は、都市部の街灯やインフラのパフォーマンス・エネルギー消費量の改善に貢献しています。

スマートシティの街灯は、そのエリアが使用されている場合のみ点灯

現在、多くの自治体で通常の街灯からLED照明設備への入れ替えが進んでいます。新たな照明は高度なセンサを搭載し、統合ネットワークに接続されるので、ローカル/リモートで点灯を制御できるようになります。つまり、夜間に歩行者が歩いている場合など、必要なタイミングでのみ点灯させることができます。街灯設備をこうしたシステムに入れ替えることで、電力需要が直ちに減少するとともに、長期的なコスト削減も達成できます。

地下鉄の駅構内を歩く歩行者

スマートシティでは、駐車場から道案内まで、日々利用している多くのサービスを統合するなど、新たな利便性をもたらす高度な接続環境を実現します。
まず空港やショッピングセンター、モールなどの巨大駐車場をターゲットにする場合、動画撮影機能を追加して、動きがある場合のみ照明設備をローカル/リモートで点灯させることで、エネルギーを節約してセキュリティを高めることができます。すべてのデータ処理とコントロールは、現行の4Gワイヤレスネットワークや今後導入される5Gネットワークを介して行うことができます。こうしたインターネットやクラウドへの高速接続が提供されていると、WiFiアクセスを利用することで、そのエリアの駐車場の空き状況を確認したり、店舗やレストランのお勧め商品に関する情報を通知したりできます。また、テクノロジーの導入費用を広告収入でまかなうことで、最先端のテクノロジーをいち早く採用できます。

スマートフォンの接続性

TEは、スリムな相互接続製品ソリューションとともにアンテナ・EMIシールド・サーキット保護を提供し、今日のモバイルデバイスのニーズを満たしています。

スマートシティで歓迎されるもう1つの利点として、首都圏の交通と駐車場の管理機能があります。車で大都市に入ったときに、目的地の近くにある空き駐車場をすべて確認できるとしたらかなり便利でしょう。スマートな自動運転車の登場により、駐車場情報・道案内・支払いなどの都市サービスが自動的に行われるようになります。リアルタイムの交通情報を全区域で取得できるようになれば、交通管制局で交通を別のルートに誘導したり、信号パターンを変更したりして、交通の流れを最適化できます。特定の区域でスポーツイベントや大規模な催しがある場合は特に効果的です。また、天候・汚染・騒音などの環境情報も各区域で監視できます。しかし、こうしたすべての機能をコンパクトにパッケージングするのは容易ではありません。膨大な数のセンサとワイヤレス機能を共存させるだけでも至難の業です。統合を確実に進めるには、電力管理・熱管理・アンテナ形状などの問題をクリアすることが重要です。

誰かが区域内にいる場合のみ点灯するスマートシティの街灯のように、すべての公共システムや電化製品のパフォーマンスも最適化できます。必要な場合のみ「オン」にすることで、環境への影響を大幅に抑えることができます。冷蔵庫とエアコンという2つの電化製品をスマート化するだけでも、各世帯のエネルギー使用量を大幅に節約できます。こうした電化製品が電力供給系統と通信できるようになれば、設定温度を維持するための最適な稼働時間を自ら判断できます。冷蔵庫はエアコンのピーク需要の前に設定より少し低い温度を達成できるようになるでしょう。その結果、電力負荷が安定し、電力会社は供給量を管理しやすくなります。公共のスプリンクラーシステムが水の供給量・土壌の状態・天気予報を考慮するようになれば、公園と緑地の維持に使用する水を一滴も無駄にせず活用できるようになります。

今後の道筋

発展途上国の人口が増加し、先進国と同等の利便性を求めるようになると、既存のインフラは限界に達します。スマートシティが実現するソリューションは、こうした利便性をリーズナブルかつ公平に実現する明確な道筋を示しています。

Connector Geek is Dave in real life. With 28 years in the industry, Dave likes talking about connectors almost as much as being a Dad to his two kids. He may still be a kid at heart himself...

25 Nov 2016, 16:16