United Statesからアクセスのようです。言語設定をEnglishに切り替えますか?
Switch to English site
Skip to main content

専門家に聞く ~Würth Electronik社の無線ソリューション~

無線技術は、多くのエンジニアの関心の対象となっています。Industry 4.0やスマートアプリケーションをに注目が集まる中、プロトタイプ作成から実運用可能な製品設計へ移行できるような、専門的な開発環境や評価ボードの需要が増してきています。

今回の「専門家に聞く」には、Würth Electronik(ウルト)社のマイケル・ブラウア博士(Dr, Michael Brauer)にご参加いただき、同社の無線通信への取り組みについてお話をうかがいます。ここでは、機械間での通信、センサの選択、モバイルデータの転送の課題について、さらに、Würth Electronik社がどのようにして、エンジニアを製品以外の部分でサポートしているのか、教えていただきました。

マイケル・ブラウア博士(DR. Michael Brauer)

dr_brauer_small_43bd2f0ef9684b9db573ab731f6d86d900112631.png

マイケルさんはWürth Elektronik eiSosの無線接続・センサ部門で研究開発部長を務めています。2005年に彼は、「DSP内蔵シリコーンマイクの開発及びシミュレーション(Development and simulation of a silicone microphone with integrated DSP)」という題目で、工業論文を出されました。2004年から2017年までは、自動車と産業関係を対象にした圧力センサ、磁気センサに関わるアプリケーションエンジニアをされていました。

Favourite things are Family, Music and Judo. Also, I have the ability to retain and quote useless facts, something that pleases me but can annoy others. My engineering hero - Isambard Kingdom Brunel

コメント