Skip to main content

XinaBoxとAlexaでファンをコントロールしてみた

Brittany
0
Amazon AlexaとXinaBoxを利用してファンのスイッチのオンオフと「声」でコントロールしてみよう。このプロジェクトはxOC03とAlexaで一体何ができるのか、のデモンストレーションをお見せしよう。私の周りにあった機材を利用して実現してみた。

部品リスト

Qty Product 品番
1 Xinabox WI-FI CORE (ESP8266),CW01 174-3701
1 USB Programming Interface (FT232R) 174-3703
1 XinaBox OC03 Relay Out for PCA9554A Module 174-3715
1 AVX BTB Series, Male PCB Edge Connector SMT, 10 Way, 2 Row, 2mm Pitch, 2.5A 174-4977
1 RS Pro Non-Fused Terminal Block, 12 Way/Pole, Screw Down Terminals, 4 mm² Through Hole, Nylon, 400 V 492-8700
1 Sunon MB Series Axial Fan, 40 x 40 x 20mm, 18.36m³/h, 1.38W, 12 V dc 758-8324
1 Echo Dot (2nd Generation) - Smart speaker with Alexa - Black
1 RS Pro, 40W Plug In Power Supply 12V, 3A Level V 1 Output, 2.1 x 5.5 x 10 mm Inside Positive Power Adapter 821-5351

XinaBox xCHIPS、一般的な12V DCファン、いくつかのネジ止め端子、Amazon Echo Dot、iOS向けXinaBox ZeroTouchアプリ、そしてArduino IDEを利用してこのプロジェクトを作っていく。これはAlexaと、あなたのスマートフォンのAlexaのアプリを介してファンをコントロールする”10分プロジェクト”だ。私ははんだ付けと非常に難しい回路設計の手間を避けるため、今回XinaBoxのxCHIPSの利用を選択した。

Step 1: ライブラリのダウンロード

  • Github上のXinaBoxへとアクセスする
  • xCore ZIPファイルをダウンロード
  • Arduino IDEにて、スケッチ→ライブラリをインクルード→ZIP形式のライブラリを追加“からxCoreのライブラリを追加する。以下を参考にしてほしい。

Screen_Shot_2018-10-01_at_15.55_.10_%282%29__583775388366b1f304a42d6d3dbf091a9dd6c710.png

  • ZeroTouch ZIPファイルをダウンロード
  • xCoreライブラリと同様の方法でライブラリを追加する
  • Arduinode OC03も同様に繰り返す
  • プログラミングを始める前に、正しいボードを選択しているか確認する。今回のプロジェクトでは「XinaBox CW01」を選択する。ボードのライブラリはこちらからダウンロードできる。

Screen_Shot_2018-10-01_at_16.19_.30_%282%29__9dc32b197b02ec6718033ffd7d25987a0db0c2bc.png

Step 2: 回路の作成

  • IP01CW01xBUSコネクタを利用して接続した。xCHIPSの名前が正しいかしっかり確認しよう。

IMG_9088_8e71f5171be92cb01876a5268afac4f6d591d11d.jpg

  • 次はファンと電源のワイヤの一部を剥がしてOC03と端子にきちんとねじ込むことができるように、いくつかのワイヤストリップを利用する

Step 3: プログラミング

方法 1

    • IP01とCW01をあなたのコンピュータのUSBポートへと接続する
    • この記事に添付しているZIPファイルをダウンロードし、.inoファイルをArduino IDEで開く。記事の右側にあるはずだ。
    • 以下に示すようにArduino IDE上でプログラムを一部変更するWiFi_settings_064da7d087c04f80dae609fab0d1e1dd982190f1.pngDevice_name__466a19625bbf62628437da5007c397dcc48ebe6f.png
    • エラーが発生せずコンパイルできるか確認する
    • CW01へアップロード(書き込み)
    • iOSユーザーなら、AppStoreのxZeroTouchアプリへ以下のようにアップロードできる。このアプリを利用すれば、もしネットワーク状況が変更しても、WiFi SSIDとパスワードを再度のプログラミングなしで変更することができる。

xzerotouch-xinabox-software_ab4e002bbeedf54fbd26a2dabdb340785dbaab65.jpg

  • 以下のGIF動画でどのように動作するか確認しよう

方法 2

  • Arduino IDEでコードをアップロードする代わりにxFlasterツールをダウンロードして利用することができる
  • ツールをダウンロードしたら、この記事の右側からダウンロードしたZIPファイルにあるバイナリファイルを書き込むことができる。以下にバイナリファイルのアップロード(書き込み)とプロビジョニングのビデオだ。プロビジョニングにはWiFi、スイッチ名などの変数が用意されている。

Step 4: Alexaセットアップ

  • AppStoreからAmazon Alexaアプリをインストール
  • こちらのステップを参考にSinricアカウントを作成
  • AlexaアプリへSinricスキルを手順通りに追加する

以下のようにOC03CW01へと接続する

Step 5: Alexaファンを実行する

  • Alexaに作成したCW01を見つけるように尋ね、CW01が正しくインターネットに接続できているか確認する
  • もしプログラム中の名前を変更していなければ、Alexaは「FAN」という名前を見つけることができるはずだ
  • これで以下の動画のようにファンをコントロールできるようになったはずだ!
Aspiring space scientist and engineer. Intern at XinaBox. Crazy about making electronics simple.

Recommended Articles

DesignSpark Electrical Logolinkedin